おばあちゃんのひ孫ロス

スポンサーリンク

里帰り出産のため、30歳にしておばあちゃんと3カ月同居しました。

そのうち2カ月は息子=おばあちゃんにとってのひ孫と生活する三人暮らしでした。

最初、

おばあちゃん「体力的に自信ないき、産後は実家やろ?」

と話してましたが、わたしが即実家を飛び出したために、

結局おばあちゃんちで産後も暮らして、

80歳のおばあちゃんにひ孫にあたる息子をよく見てもらいました。

【参照記事】

息子にとって一番安心する人=おばあちゃん

産後、足腰たたなくてだるいうえに、

まだ自分のしたいことをしたいわたし。

ソファに横たわる息子の隣にはいつもおばあちゃんがいました。

朝いちで「おはよう」と声をかけ、

泣いたらすぐに抱いて、

一番話しかけてくれるし、

一番心配してくれるおばあちゃん。

息子もそれを感じるのか、

おばあちゃんに抱かれたらすぐに眠ります。

おばあちゃんの膝の上で四肢を投げ出し、

気持よく眠る息子の風景がわたしにとって見慣れたものになっていました。

わたしは何をしていたか

主に、乳、あげてました。

おばあちゃん「おーい、乳の人」

いつの間にか、孫であるわたしはおばあちゃんに「乳の人」と呼ばれていました。

二時間に一度現れて乳をくれる人。

ちなみにわたしの母親は週に一度来て「おしめを変えてくれる人」でした。

どんどん、息子とおばあちゃんの世界が出来上がっていく。

時々現れて、乳を出す、わたし。

普段抱いても、

息子「乳くれんのかーい!ほいたらお呼びじゃないわ!おばあ出せ!」

ばりに泣きじゃくられます。

あれ?

そんな80歳が離れた相思相愛の二人にもお別れが。

坂本、再脱藩します

というわけで、里帰りが終わり、旦那が迎えに来ました。

2か月のブランクを埋めるように、息子に接する旦那。

旦那が高知入りして三日、

息子の中の順位が、

一位→おばあちゃん(息子のひばあちゃん)

二位→旦那

三位→乳の人

に目まぐるしく入れ替わりました。

おかしいな。

生活の一部だった人がいなくなる喪失感

おじいちゃんが亡くなったとき、

おばあちゃんのお母さん、わたしのひばあちゃんが亡くなったとき、    

鬱気味になったおばあちゃん。

おばあちゃん「これくらいの大きさの、ぬいぐるみでも買おうかしら」

いつも息子を乗せている膝を見ながら言うおばあちゃん。

おばあちゃん「次の子、早めでもかまんきね」

おばあちゃん「こんなに一緒に折るのに、すぐに忘れてしまうんやろうねぇ」

おばあちゃん友達A「もう、ずっとおりやー」

おばあちゃん友達B「ひ孫が20歳になるまでがんばらないかんね」

※その場合、おばあちゃんは100歳になります

おばあちゃんの散歩友達によろしくお願いしますと言いまくってきながら、

石川に戻るときは意外と後ろ髪引かれまくりました…

地元が高知じゃないおばあちゃんには散歩仲間がたくさんいて、    

数日顔を見せないと心配してくれたり、電話をかけてくれていました。

友達が多くてよかった。

色んな人にひ孫として息子を紹介できて、わたしも幸せでした。

そうそう帰れる距離じゃないけど、またおばあちゃんに会いに早く帰りたいな…

とはいえ、旦那のおばあちゃんたちに息子はまだ会ってないので、

佐渡、と山梨に行ってからやなー!

ちょくちょく、おばあちゃんとは電話したり、フォトブックを贈ってます。

息子を大事にしてもらえて、里帰りしてよかったけど、

おばあちゃんのひ孫ロスが心配笑

わたしも息子もまた早くおばあちゃんに会いたいです。

ps 月末におばあちゃん来ることになりました笑 早っ!   

    

   

【関連記事】↓



















最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です