【こそだて日記】外面のいい内弁慶なところが似てしまう

息子の熱がひきました。
元気な息子は嬉しいですが、アクティブになっていく彼に振り回されまくり、寝付いた後、疲れがどっと出る日々が戻ってきました。
熱はひいたものの、片方二重でまだだるそう。
普段より癇癪も多く、震えながらキレ散らかすことも。
職場を退職して育児に戻ると母乳があまりでなくなったのでミルク作ってますが、ミルク、めんどっ!
「だせや!」
と言われてからタイムラグが生じるので息子はキレ散らかしながら待ってます。
「機嫌悪いの大変やなぁ。ご両親に先謝っとくか」
と義実家に行くと…
義母「え?めっちゃ機嫌よく笑ってるよ?」
まぁ、一瞬かなと思いながら任せてたら、
義母「お客さんにも愛想よくてずっと笑ってたねー!」
おまえ。
また別の日も、キレ散らかしてたんですが、義母義父がくると…
機嫌よく、お散歩にまで行ってしまわれた…
さっきまで、オムツ変えても、ミルクあげても、母乳でも、かまっても怒っとったやないかい、おまん。
「はぁ、大変。外面良すぎやろ」
…そこで気づきました。
「あ、これ、私に似てるわ」
思い当たる節がありまくりすぎて、幼少期から、最近里帰りしたあたりまでの自分と両親が頭をかけめぐりました。
「いやや、こんなん、めんどすぎる…」
親の心子知らず…親になって、初めて知りました。
「内弁慶、疲れる」
思春期、母親に言われた言葉を思い出しました。
母「あんた、そんな性格やったら友達一人もできんで!」
…友達は、多分、多い方でした…
ずっと、旦那に似てくれと祈っていたのに…
自分を家族として客観視したことがなかったので割と打ちのめされた出来事でした。
頼む、旦那みたいにいい子に育ってくれ!


最後まで読んでいただきありがとうございます。 

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます! 

スポンサーリンク

【更新情報のチェックはこちらから】

 
 

 

【さかもとみき】 

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎) 
18歳で脱藩。京都、金沢、富山高岡からの能登半島住。 
転勤族で、北陸か高知に大体おります。一児の母。 
元肉食系広告代理店勤務。旅館ではオールサポートという何でも屋。 
プロフィール 

マーケティングやお店のPRに関してのアドバイスが得意。 
…なんですが恋愛相談ばかりされるので、恋愛相談室はじめました。 

→【さかもとみき相談部屋(BASE)】 
「恋したいけど自信がない」「元カレが忘れられない」「結婚したいけど…」 
相談のってます。 

そんなわたしがほしいもの→【坂本のAmazon欲しいものリスト】 


【CONTACT】

寄稿、ライティング、インタビュー(人となりをわかりやすく記事にします) 
仕事ください! 

ご連絡は、 
thelittleprince516@gmail.com 
②LINE@ 
QRは↓ 
友だち追加 
③FBやTwitterからのメッセージからどうぞ。 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。 

 
 

  

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です