スポンサーリンク

ちょっと高いからスルーしてた「無添加」ものを選ぶようになった理由

スポンサーリンク

20代後半からお肌がヘアピンカーブして色々と切ないことになってます、坂本です。

息子が、ひっかくんですけどね、顔。

治りが、違いすぎて泣きたくなります。

でも私、負けない…!

そういえば、最近こどもが生まれたのもあって、家庭内で使うものが結構変わりました。

そもそも夫婦そろって肌とかまあまあ弱い

洗剤、食器洗い洗剤、シャンプー、石鹸、歯磨き粉。

私にとって今までは「安さ」が全てでした。

消耗品なのだから、それなりでいいやーと。

が、お肌の曲がり角やらなんやら体の変化も出てきて、おばさんに足突っ込むころには便利で安いものでいろんな不安や弊害が出てきました。

便利をとった結果、病院通いで結局お金がかかる

CMでやってる、ぱっくり割れ。

三年前くらいから悩んでいて、皮膚科にも何度も行ってます。

一時期ひどすぎて、接客もするので夜中はゴ薬塗ってム手袋して寝てました。

でも、治らない。

便利な台所洗剤。

さっと泡立ち、さっと汚れがおち、洗い物が楽。

でも、刺激が強い。

小さい頃、家でシャボン玉石鹸を使っていたのもあり、違いがすごくわかります。

安くて便利なモノですが、私には合わないみたいです。

商品は安いですが、ゴム手袋、病院費用などなどかかってしまいました。

今はすぐ泡立たんでも時間あるし。とりあえず家の洗剤を無添加のものに変えました。

今はこれを使ってみています。

薬局なんかでもあるし、そこまで今、無添加って高くないんですね。

色々試してみようと思ってます。

調べてみたら、怖くなった歯磨き粉

PVモンスターという記事を書いて成果報酬でお金を得られるサイトがあり、そこの記事を書くにあたって歯磨き粉のことを調べました。

…無添加の話をしていますが、あんまり「危険」「危険」いう大人の人の話しって、

さかもと
そういう側面もあるんやろうけど…

ヒートアップしててなんかこわいなと思ってしまうんですよね。

で、歯磨き粉に関して調べてみても案の定、ネットでは「実はこれは悪!」みたいな書き方のサイトが多く、出典元もないような情報がたくさんあり、情報収集するには危険だなぁと思いました。

で、図書館に行って10冊の歯科関係の本と化学調味料や人が口にするものの安全性の話をしている本を借りてきました。

人気薬局店の人気歯磨き粉トップ5の成分を書き出し(5つの人気歯磨き粉には43つの成分が使われていた)、その成分の中で危険だと言われているものを探してまとめてみました。

↓がその記事です。
【危険】市販歯磨き粉に入っている8つの危険な有害成分!妊娠中にも安全に使える歯磨き粉とは?

↑は「危ないぜ」って成分だけまとめてますが、シャンプーに使う成分や、洗車に使う成分、口内炎になりやすい成分など、危険なもの以外も入っていて衝撃でした。

この記事を書いてから、歯磨きした後口をよけすすぐようになり、気になるようになったので、歯磨き粉もこれを機に無添加にしました。
※もう歯磨き粉なしで磨くだけも考えたけどさすがにやめた

ちょっと高くても、今こどもと生活しているし、誤飲は危ないし、飲みこんでもいやなので丁度変え時だったかも。

てか、虫歯予防の歯磨き粉やけどもりもり虫歯になったしさらに危ないとかいいとこないし笑

あかちゃんのものもあらうので洗剤も替えた

洗剤も、やっすい粉洗剤を使ってましたが、これに変えました。

赤ちゃん用のもありますが、まあ、大人も洗うので、無添加やし、これでいってます。

柔軟剤の匂いとか欲しいタイプじゃないので現状満足。

ふわふわでいい匂いより、水を吸いやすいやすっぽいタオルの方が好きなので、貧乏な私にはいい肌触りです笑

夫婦そろって石鹸党でした

なのでボディソープは使わず牛乳石鹸使ってます。

…これは、ようわからんけど信用してます笑

息子はベビー用の石鹸。

まあ、一歳になるまではベビー用でつかっていこうかなと思ってます。

因みに息子、保湿は必須で生後半年まで朝と風呂上りに保湿、今は風呂上りにたっぷり保湿をしてて肌トラブル今のところありません。

自分も旦那もアトピーだったし、不安でしたが、今のところ、最強赤ちゃん肌。

うらやましくて涙がでます。

シャンプーはこれから変更予定

コストコででっかいパンテーン買ったのがまだあって、それを使い切ったら親戚の美容師さんおススメのシャンプーを使うことになりそう。

何度か使ったんですが、リンスやコンディショナーしてなくてもいい感じなんですよね。

何より、それ使ってる本人の髪がきれいで羨ましいのでそれに移行していきそう。

シャンプーも成分調べるとウンザリしそうやな…

合わないものを使うことは人生をすり減らすこと

20代前半はネイルも楽しんでたので、今、指がボロボロなのを見ると悲しくなります。

便利なものは多々ありますが、健康ありき。

皮膚科に行く時間ももったいないし、ぱっくり割れマジで痛くて辛い。

オーガニックとか無添加とかに執着するわけじゃないけど、合わんもんをそのままいくと痛悲しくて本当に辛い。

で、私も旦那も変にいろんなものに弱くてすぐまける。

じゃあ多分息子もそうや…ってことで無添加なもの生活に取り入れるようになりました。

食べもものも、できるだけ自分でつくって(自分は適当)正体のわかるものを食べてもらいたい。

今は無添加のものでも結構安く手にはいるので、我が家は徐々に移行し始めました。

早くぱっくり割れ治ってほしいよ…

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です