台風の名前はどう決める?日本の台風の名前とアメリカの台風の名前の違い

先日、台風6号「ナーリー」という見出しを見てびっくりしました。

さかもと
ナーリーってなに?

台風大国高知県に生れ落ち、幾度となく台風を目の当たりにしてきましたが、名前がついた台風を見たのが初めてだったのでちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

環太平洋で発生した台風は国際機関「台風委員会」で名前が決まる

すごい、ギャグみたいな委員会あった…。

実は2000年から、アジア名として台風に名前がつくようになったようです。

知らなかった…。

現在は、中国・香港・日本・ラオス・フィリピン・韓国・タイカンボジア・マレーシア・ベトナム・マカオ・北朝鮮・シンガポール・アメリカの14か国がこの台風委員会に加盟しています。

それぞれの国が提案したものから1~140個の名前が順番に決められており、台風の発生順に名前がついていくのだそう。

そして決められた名前、140まで一巡りしたら、また1に戻ります。

まれに、深刻な災害や影響を及ぼした台風は名前を外されたり、変更されることがあるようです。

台風6号「ナーリー」は39番目で韓国語

今回の台風は、39番目の台風で、韓国の「百合」を意味する言葉だそう。

ちなみに40番目はタイで、ウィパー、女性の名前からついた言葉です。

次に日本の名前が来るのが47番目。

「カジキ」という台風が発生したら、ちょっとテンションが上がると同時に「え?」と思いそうですよね。

1~140の名前はコチラから

台風の番号の付け方と命名の方法

日本から選ばれた台風の名前の共通点は?

5番目→台風コイヌ

19番目→台風ヤギ

33番目→台風ウサギ

47番目→台風カジキ

61番目→台風カンムリ

75番目→台風クジラ

89番目→台風コグマ

103番目→台風コンパス

117番目→台風トカゲ

131番目→台風ヤマネコ

どうでしょう、共通点わかりましたか?

そう、日本の名前は星座から選ばれたものが多いんです。

でも、コンパスて…もういっそ全部星座にしてくれたらよかったのに……。

ちなみにマイナーな星座をチョイスしたのは、企業名などで比較的使われるメジャーな名前を避けてだそうです。

たしかに甚大な被害をもたらした台風が身近な名前や会社名だと気まずいですよね。

ニュースで何度も悪口言われるみたいで笑

国ごとで台風にあてた名前はいろいろとあり、アメリカみたいに名前だったり、花だったり、川だったり、戦士の名前だったりしてみてみると面白いです。

アメリカの台風の呼び名の決め方

アジア名ができる前から台風に名前がついていたアメリカ。

台風にはAからアルファベット順につけられた名前が、6年周期分、126個のリストとして用意され、こちらも発生順に台風の名前が決まります。

女性の名前と思っている人も多いと思いますが、実は1979年から男女の名前が均等につけられるようになりました。

現在は、男女平等、人種差別を感じさせないアフリカ系の名前もリストに入っているそう。

管轄は、米海洋大気局のハリケーンセンターで、世界気象機構の委員会で決められた名前をつけるのだそうです。

台風に名前はひとつだけ

台風は、発生場所によって名前が決まります。

発生場所で違ってくる名前のつけ方

大西洋や南シナ海で発生した台風の名前は、台風委員会の140から名前がつけられる

アメリカなど大西洋で発生した台風の名前は、世界気象機構の126から名前がつけられる

アジア管轄以外でできた台風は、その地域の機関がつけた名前で呼ばれるので、1~140の名前とは違う名前で呼ばれることがあるそうです。

アメリカの名前がついているのは、アメリカの方で発生した台風で、アメリカでも、今回発生したナーリーはナーリーとよばれているってことですね。

台風にきいたことある名前がついているのは

ご紹介した通り、台風の名前は基本的にかぶらないように作られています。

そんな台風リストですが、台風は、年間20~30程度発生しますよね。

ということは、アジア名の台風だけでも5年もすれば1順します。

台風ヤギとかエッジの利いた名前はきっと、「あれ?聞いたことある」ってなりますね!

生きているうちに、何度か同じ台風の名前をきくことになりますね。

永久欠番⁉封印された台風の名前は?

アジア名で封印された台風の名前は、「RUSA」「VAMEI」「IMBUDO」「CHATAAN」、アメリカ名では「カトリーナ」です。

同じような被害を避けるためと、歴史や法律上、再度使われることで曖昧になることを防ぐ目的もあり、封印されています。

台風の名前いろいろ

調べると、国をまたぐグローバルな台風らしいいろんな名前がついていて面白いですね。

やってくると雨風で憂鬱ですが、名前に着目してみるのも、アジアのいろいろな国を知るきっかけになるかもしれません!

佐渡にはほとんど台風は来ませんが、台風の発生と名前に今後も注目してみます!

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください