2人目育児が不安だった私の「がんばらない」手の抜き育児5つのコツ

大人になり、自立し、大体のことは自分でできるようになって、自信もついた30歳。

子どもを産んでみて、自分の無力さを思い知りました。

さかもと
人を産んで人間にするって、死ぬほど大変!

懲りた。

まじで、懲りた。

そんな私が2人目を妊娠し、産んでみて辛くならないよう割り切りまくっていることを今回もインスタグラマーのあひるちゃんにイラストにしていただきました!

子どもが増えても子育てをしんどくしないコツをご紹介します★

スポンサーリンク

2人目育児で不安にならないようにしている5つのこと

実際、産まれてみて感じるのはマジで2人目天使かよってことです。

恋愛でも、初恋って気持ちのコントロールもできないし、傷つくことも多くて記憶に残るじゃないですか。

でも、2人目の彼氏とか好きな人のことってそんなに語らないですよね。

それと一緒。

ひとり目と過ごすはじめての日々は、やはりインパクトがすごい。

出産育児、全部しんどかった。

2人目でも、出産はケースバイケースなんで、緊張したし、やっぱ痛かったし、慣れるとかの次元ではなかったです。

でも、2人目育児に関しては、

さかもと
あ~はいはい、そのパターンね

って向き合えました。

【自信を持てないお母さんはこちらの記事もどうぞ】

母は大体1年半で育児のプロになる~二人目に緊張しない理由を考察してみた~

それでも、人数が増えた分、キャパは確実に減るので、経験を踏まえ、もう、手を抜くところを徹底してます!

コツ1.旦那や義実家に頼る

確かに仕事をして、家族を支えるお金を稼ぐのは大変です。

だから旦那を尊敬しているし、尊重しています。

でも、自分もほぼほぼ休みなく育児をしています。

なので、旦那の休みはかなり頼っています。

そもそも手伝って欲しいのは、

育児のなすりつけって感じではなく、子育てを通じて子どもを一緒に育てたい

って気持ちがあるからだなーとひとり目育児の時に気付いて巻き込むことも愛情のひとつかなと思うようになりました。

両親や義両親も同じ。

迷惑をかけてはいけないと思いつつ、

「成長を共に見守れる人生の先輩」

として頼るようにしています。

コツ2.食べ物飲み物はストレスがかからないもので

イラストの通りです。

1人目、発狂しながらも割と真面目に離乳食に取り組みました。

きっちり離乳食、蓋を開けてみれば、食べるものは食べるし、食べないものは食べない。

正直、子どもの気分次第。

2人目はガンガン生協の離乳食やべビーフード使ってます。

母乳、ミルク、離乳食、全て外野がやいのやいのゆうてますが、育てるのは自分なので、自分で選べばOK

一生懸命作って、ひっくりかえされて辛くて泣くくらいならさっさとベビーフード使う方がお母さんの笑顔が増えますよそりゃ。

どうしてもそれが気になるなら、お父さんがやればいいし。

コツ3.生活リズムのルールを緩くする

そもそも子どもは思い通りいきません。

いくよって言ったら💩するし、就寝時間でもハイテンションで走り回るし、最近はご飯のラインナップにまで文句をつけてきて泣かれます。

これを思い通りにしようとすれば、怒る、キレる、強行突破しかありません。

でも、これをするとお母さんの精神も気持ちもすり減る。

自己嫌悪地獄に真っ逆さまなんです。

だから、もう

ゆるルール
●朝ごはんはなんか食べればいい
●保育園はすこしなら遅刻してもいい
●夜は寝なさいと怒らずに待つ
●昼寝しなくても仕方ない

みたいにいろいろあきらめて、できたらラッキーくらいな気持ちでいるようになりました。

ちなみに私は子どものことで仕事に遅刻とかが嫌なので、在宅ワークを選んでます。



コツ4.自分の時間、領域をつくる

1ヶ月に1~2時間だけでもいいので、自分の時間を作る努力をしています。

私は最近、もうむしゃくしゃして、

カット、ヘッドスパ、カラーリングを一気にしました。

き、も、ち、い、い。

お母さん業をはじめると、時間も余裕もない中、どんどんブスになっていって、自尊心が更に死にます

だから、カラーで軽くするだけでも気分もかなり前向きになりました。

旦那に預けて泣くのは忍びないですが、正直自分といても泣くときは泣きます

少しの一人時間でスッキリできるなら、こんなにコスパのいいことってないと思います。

私は2人目ができてからも仕事に居場所を求めているし、好きな本を読んだり、旦那とドラマを見る楽しみを無理しない範囲で死守しています。

母ではありますが、自分の楽しみも持っていたいです。

コツ5.家事はできることをできるだけ

育児中は、絶望するくらい散らかる我が家。

掃除機を毎日かけても、ため息が出るほど素晴らしく散らかされます。

部屋をきれいにとか、洗い物を早くするって、できれば気持ちいいですよね。

でも、できない時、絶望的に疲れてる時にまで無理をすることじゃないなと思うようになりました。

しんどい時は子どもと寝て、やる気になったときとかできる時にやればいい。

自分に課した「〇〇しなければいけない」でストレスを溜めてしまうのは家族というチームプレーになったからこそ変えていいと思います。

2人目育児で頼った本

子育てには正解ってないですよね。

でも、気を抜くとすぐに自分を責めてしまう。

そんなとき、私は本に助けを求めてます。

弟がうまれる子どもってどんなことを思うのかなと思いながら、読みました。

お兄ちゃんになるコウ君のお話。

息子よりコウ君がずうっといい子過ぎて震えました…

出産子育てのこと、すっかり忘れてたので、いい感じに復習させてもらいました。

共感フレーズが多く、産後に分かち合えるママ友みたいな気分で愛読してました。

あひるちゃんの育児あるあるブログ&Instagram

素敵なイラストを描いてくれたあひるちゃんはInstagramで育児イラストを展開中!

この投稿をInstagramで見る

. お皿が空になったら、おかわりが貰えるということを学習した食いしん坊次女。 いただきます!をした直後にお皿をひっくり返し、空になったお皿を高々とかかげて「おかわり」を要求するようになりました。 . お皿の意味とは。 . でもまぁ、おかわりを渡すと、二カーっと幸せそうに笑うので、「まぁ、いいか。テーブルがお皿や。」と思っています。せんべいなんかは最初からお皿に入れずに出しているのですが、とても楽です。ていねいな暮らし、とは真逆の生活。 . ずぼらな生活。 . まぁ、いいか。が子育てをしている時のわたしの大切なキーワードです。 . . #育児絵日記 #育児日記 #育児 #育児漫画 #ママリ絵日記 #子育て絵日記 #成長記録 #女の子ママ #女の子ベビー #娘 #新米ママ #親バカ #親バカ部 #イラスト #赤ちゃん #育児あるある #3歳 #1歳 #姉妹 #兄弟 #家族

あひるさん(@ahiru_guutara)がシェアした投稿 –


共感あるある満載です★

【連動しているブログはコチラ↓】

ぐーたら育児生活

【パパに送りたい!私も愛用LINEスタンプ】

赤ちゃん&ママからパパへ送るスタンプ

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください