【漫画】人におすすめしないけど好きシリーズ2!”禁じられた遊び”古屋兎丸

スポンサーリンク

好きです。古屋先生の作品。

昔、理科の教科書の挿絵を描いていたという位、絵が、すごいんですよね。

わたしはこういうのを見ると気持ちよくなってしまいます。

【中にドロッと何かわからないものが入った外国のチョコレート】


あらすじ

「これらの作品のおかげで、今の自分があります」(古屋)

デビューから20年を数えた著者が、自身にとって重要な初期作品を厳選。

詳細な解題を書き下ろし再編した、アーリー・ベスト。

著者15歳(中学3年生)当時の同人誌作品も初公開! 

感想:★★★★

得体の知れなさが癖になる作品です。

初期作品なのかーすごいなー。

ぶっちゃけ、全部好きです。

できれば、本棚に置いておきたい。

娘の同級生に惚れてしまった中年の暴走。

うわってなるのに、少し切なさを感じてしまうのは、なぜ?笑

   

この驚いたような裏切られたような、信じられんようなおじさんの表情、ツボでした。

錬金術の話、これはすごいよかった。

絵も、世界観も最高。

古屋先生と言えば、少女ですが、

この話にも少女、処女性、その価値に重きを置いているのがよくわかります。

一番きれいな水も、サチと行った海も昔読んだことがあります。

どちらも心に残る話。

   

カラーページも贅沢でいいです。    

この世界観、大好き。    

    

人にはなかなか貸せないですが、良書。

絵が好きな人いたら、一かいぜひ手に取ってみてください。

作風も独特でハマります。

    

   

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です