モテたいならワイドハイターを使おう!(弟がワイドハイターの伝道師だった)

ほぼ男子校のような工業高校、そして整備士資格を取る短大を経て整備士を7年ほどやっていた弟がいる。

「男でも、くさいやつおるけど、本人は気づいてないし気にしてない。
でも女は直接言わずに陰口言うき、男はわけがわからんまま嫌われる」

そんな時、弟はどうするか、

「俺なら、最初は冗談っぽく、それでもきかんかったら

「周りの人が言いゆうき、気を付けてみんかえ」

って言う。
自分も言いたくないけど、周りが言うてくれんでそのまま本人も意味わからんまま嫌われ続けるのは辛いろう」

そして、弟は、ワイドハイターをすすめる。

「ワイドハイターなら、においを完全に消すことはできんけど、遅らせることはできる

弟は、いつの間にかワイドハイターの伝道師になっていた。

スポンサーリンク

モテる以前に清潔感がないと嫌われる

私はよく、どうしたらモテるかとかの話をしているが、モテテク以前に男性が備えておかなければならない基本的なことがある。

それは、清潔感だ。

話はそれから。

清潔感がないと、はっきり言って圏外だ。

例えば、

女がマジで無理!になる男の特徴

●小指だけ伸びた爪
●慢性的に汚れがついているシャツの襟や裾
●一目で数日洗ってないと分かる服
●ヨレヨレで汚い靴
●穴の開いた靴下
●テカってフケだらけの髪
●ほとばしる体臭(風呂入っていない疑惑)

これに1つでも当てはまるともうアウト。

オシャレな人もジーパンを洗わないとか、履き古した感がオシャレとか、汚いことを肯定する男もいるだろう。

しかし、ヴィンテージのダメージジーンズを愛する人はオシャレだから身なりやにおいにも結構気を遣う。

ダメージに味が出てくるのはブーツくらいで、わざわざそんなブーツを履く人はたいていきちんと手入れをしている。

言い訳をしていてはモテない。

モテるどころか、嫌われてしまう。

故に、清潔感を保つためには最低限の努力が必要だ。

もちろん、におい対策は必須となる。

男性のにおい問題、女性は直接言わずに広めて離れていく

学生も社会人も男だらけの中で生きてきた弟が転職を機に、女の職場へ。

においのことも、男はジョークで言ったりするけど、女は顔をしかめて去っていくだけ。

そうだ、そういう世界なのだ。

「においが無理w」

そう言ってにおう男を嫌う。

そしてそれをさらに女同士の内輪ネタにする。

それでにおいが気になった人以外にも「くさい人」認定され、よくわけがわからないまま嫌われる

香水や柔軟剤は香害の可能性も!

においを消せばいいと他の香りでごまかす方法もある。

が、昨今の柔軟剤ブームで香害という言葉もできた。

すれ違う人の柔軟剤の香り利きができる弟は言う。

ごまかすんじゃなくて、においの元の菌を分解せんといかん。
あと、香水は好き嫌い、ひとによっては臭いのもある。
今の若い子はあんまり香水をつけんき、香水くさいだけでおっさんおばさん感が増す」

というわけで、きれいな女優さんがCMをしている柔軟剤を、ただつかえばいいってもんじゃないらしい。

ちなみに、弟宅ではにおいが気になるものにはワイドハイターにつけ、そのあと洗濯時に柔軟剤を使っている。

日常の習慣に!ワイドハイター30分置きづけ

そんなわけで、においや汚れがきついものは洗濯機や風呂場にバケツを置いて、ワイドハイター置き漬けがベター。

ちなみに私は弟に、

「赤ちゃんは肌が敏感で汗をかきやすく、皮脂サイクルも早いし、肌着に汚れや菌がつきやすい」

と言われ、赤ちゃんが生まれてから即ワイドハイターを使うようになった。

おすすめなのがこちら。

色柄物に安心な酸素系漂白剤(濃縮タイプ)。
洗剤と一緒に、キャップ1杯入れるだけで、いつものお洗たくがパワーアップ。
普段のお洗たくでは落としきれていないしつこいニオイをもとから分解消臭!
抗菌成分が洗たく中の菌移りを防ぐから、まとめ洗いも安心です。
ワイドハイターEXパワー – 液体タイプ –より

脱衣時につけ、しぼってそのまま洗濯へGOでOK。

簡単なので里帰りから自宅へ帰っても、ワイドハイター、使おうと思う。

干場環境を整えて生乾きのにおい対策も

ワイドハイターや柔軟剤を使っても、においがとれないことがある。

「乾燥環境が悪かったら、結局菌が繁殖して臭くなる」

そう、洗濯ものの生乾きのにおいだ。

「友だちでいっつもくさいやつがおった。
もう、友達の家に行って、洗剤全て指定して総替え。

干場チェックしたら乾きにくい環境やったき、
100均でグッズ買って干場改革したらにおいが消えた。

……奥さん、びっくりしちょったけどね」

ワイドハイターの伝道師は、奥さんのいる家庭の干場までチェックする。

その後、洗濯物が乾きやすくなったと感謝されたらしい。

佐渡の自宅に来たら、色々と改革させられるやろうな、ちょっと招待したくないなと思って弟の話を聞いた。

モテたいならワイドハイター!

モテたいならと言ったが、もう、においで嫌われたくないならこれ1本。

肌着や、タオル、布巾などにおいが気になるものは全部ワイドハイターにたのんでしまおう!

毎日のことなので大きめがおススメ。

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください