【映画】殺し屋映画の先駆け!色気と駆け引きと幕引きが見事!「サムライ」

サムライ

最近過去の名作にハマってます。

人生80年としても、もう32歳。

あと48年生きられても、48年×365日×24時間で420,480時間、半分寝るとしたら210,240時間、その中で半分を娯楽に使えるとしても、やっぱり有限ですね。

子育てしながらなら尚更。

本や映画くらい、自分で選んで楽しんで堪能してから往きたいもんです。

スポンサーリンク

白黒フランス映画の中で浮き上がる鮮やかな印象のアランドロン

<あらすじ>
アラン・ドロンの人気を不動のものにしたジャン=ピエール・メルヴィル監督によるフィルムノワール。殺し屋のジェフ・コステロは、依頼を受けナイトクラブのオーナーを殺害。だがその日、出演していたピアニスト・ヴァレリーに顔を見られてしまい…。

感想:★★★

50年以上前の1967年公開のフランス映画。

やたら殺し屋の顔が整ってて、イメージに残る、典型的殺し屋(スパイ映画)やなって思って見てました。

が、見終わって「そっか、やっぱりアランドロンやったんか…」と思いましたね。

アランドロンの端正な顔立ちが軸に物語が回っていくイメージでした。

スパイ、殺し屋映画の走りだそうです。

とにもかくにもアランドロン

感想が貧祖で申し訳ないけど、とりあえずアランドロンのいいとこがいっぱい出てて、それしか残らないですね。

無機質そうで、大したラブシーンもないのに、ぐっと惹かれる色気も含んでいる。

単調でそんなに感情が出ない殺し屋の最後のシーンはちょっとぐっときました。

こんな鉄みたいな人でも死ぬんやなって、最後に生のうごめきを見た感じ。

物語としてもきれいにできてると思いました。

個人的には、どっかで帽子の色だけでも変える工夫してくれって思いましたが、アランドロンがなんせかっこいいのでどうでもいいです。

月325円で映画もドラマもアニメも見られる!

プライム会員なら、

をTVにさしておくだけで自宅にいながら様々な映画や過去ドラマ、アニメ(子育て中は大活躍!)を楽しめます!

プライム会員は翌日配達や割引適応商品もたくさんあってうちは年会費以上にお得に利用しています★

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サムライ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください