【ご当地グルメ】これは福井の「ソースかつ丼」ではない、新潟の「タレかつ丼」!一枚入魂の「政ちゃん」で食べてきた

新潟といえば何を思い浮かべますか?

お酒、米、亀田製菓、雪&雪…

私は、「潟」が書きにくいので、新潟県民にだけはなりたくないとお正月に年賀状を書きながら思っていました。

そんな新潟で晩御飯に初「タレかつ丼」してきました。

お店は政ちゃん(沼垂本店)。

スポンサーリンク

新潟「タレかつ丼」

そもそも、新潟ではこのたまごでとじないスタイルのかつ丼が一般的(昭和20年からあったそうです)で、普通の卵とじかつ丼とも、ソースかつ丼とも違うものを「かつ丼」と呼んでいたのだそう。

メディアなどに取り上げられるようになり、他のかつ丼と混合されないために20年程前から「タレかつ丼」と呼ぶようになったそうです。




並みのタレかつ丼980円を頼みました。

かつ4枚のってます。うひょー(●´ω`●)(●´ω`●)(●´ω`●)

お味噌汁も付けました。+170円お代わり自由です♪

出汁からしっかりとっているので美味しいよと店員さんが教えてくれました。

薄いかつにしっかりタレの味が染みていて、でもサクサクでおいしいぃいいいオオーw(*゚o゚*)w


お味は、ウナギのたれをイイ感じに薄めたような甘い味。

ここのお店では野菜や豚ガラのスープと本醸造醤油、

上白糖を合わせたタレを創業以来継ぎ足して使っているらしいです。

これはうんまい。

マッハで食べ終えてしまいました。


カツの薄さ、くぐらせてあるかつ…見た目はそっくりだけど、福井のソースかつ丼とは比べません。

本当に味が全然違うので比べようがありません。

髪型同じ女の子の性格が全然違うみたいな感じです(´∀`*)

どっちも好きです。


よくよくメニューを見れば、日本酒のラインナップも豊富でした。

いいなあ、地元のものと、地酒。

店内はカウンター、テーブル、座敷があります。

花も、トイレの花とか全部生花でした!すごい。隅々まで手入れされてていいお店。



お茶があいたらすぐ気にしてくれたり、お味噌汁進めてくれたりと接客、雰囲気すごくいいお店でした。

また新潟来たら寄ります♪

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です