結婚式をしなかった理由の一つは、「自分にスポットがあたるのが苦手」だったからだと気づいた

暦の上では今日から立夏の前日まで春だそうです。
しかし、今日は寒さのピーク。
相変わらず、カイロ二枚貼りです。

スポンサーリンク

入籍後、初の両親顔合わせ


先日、自分の働いている旅館で両家顔合わせを行いました。

順番が違うけど、何も文句を言わないお互いの両親には感謝です。

で、お互い話して、親への感謝の気持ちをこめ、

素敵なお部屋で、夢の様な食事コースで、

組んでましたが、旅館のみんなの心遣い&おもてなしで予想上にすごく素敵な時間を過ごせました。

サプライズで素敵な白いユリの花束をもらい、

料理も、すごいボリュームで、更に残せるものなんてなにもないくらい美味しくて、

平気で3キロ位UPしました。

顔合わせだったので、結婚を知らなかった接待さん達や他の部署の方も声をかけてくれて、

すごく幸せな時間が過ぎました。

そして、

「こんな感謝、なかなか返せない…どうしよう」

とも思いました。

相手に喜んでもらうのは好きだけど、相手にしてもらうのは超苦手

嬉しくて、

どうお礼を伝えたらいいか考えていたら、

2日とも家の布団より寝心地がいいのになかなか眠れませんでした笑 

嬉しいことをしてもらう度に、走って行って、ひれ伏して、お礼を言いたくなる衝動に駆られました。

どうしたらおんなじくらいこの嬉しさを返せるだろう…

そんなことを一杯考えていたのに、実際出勤しても伝えられることは一部で、

後は仕事と、お客様にこの気持ちよさを伝えるしかないな…

と一回回って思いました。

思い返せば、成人式もべつにスーツでいいとか(結局ギリギリでお母さんが着物を借りてくれた)、

大学の卒業式は出ずにサイパンに行くとか、

結婚式はしなくていいとか、

自分にスポットが当たって、お祝いしてもらうとどう返していいか解らなくなるし、

こっぱずかしいからそれから全力でにげていたんだなぁということに、

今日気づきました。

通過儀礼が苦手なんて、社会不適合者だなぁとも笑

父から言われた一言


「今回の顔合わせは、結婚式みたいなもんやき、滞りなく、楽しくすんで本当によかったー!」

帰宅して一杯やっている父にそういわれました。

式はしなかったけど、お互いの両親と旦那と、ちゃんとした場を設けられたこと、

職場の方に祝福されている自分を親が見てくれたことで、

多分嬉しかったし、安心したんだと思います。

式をしなかったのは親不孝かなと思っていましたが、

ドレスを着たい願望もないし、良い宿で、美味しい料理とお酒で、思い出に残る時間を過ごせて、

良かったなーと思いました。

親がしてほしいと言えば、式もするつもりでしたが、

二人に任せてくれる親でよかったなーと思います。

お金をかけなかった分は、これからまた、

節目にでも旅行したり、集まったりして返していきたいねと話しています。

もう29歳なのに、気づくこと、はっとすることが、結婚して多々あります。

20代で色々やりつくしたつもりでしたが、

結婚すると、ゲームの面が変わるみたいに、新しい難問や選択がたくさんあるので、

なかなか楽しいです。

「普通」に沿わなくても、自分たちが欲しい、したい家族を作っていこうと思います。

クラブツーリズム テーマ旅行

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。
友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。
FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください