期待しない未来、期待しないこそだて

旦那実家に二泊したのだけど、今回は義父と話す機会が結構あった。
わたしたちがこどものころにしてきた体験のこと、
今の世の中のことなんかを話しながら、
「それぞれ違うから、こどもは思い通りになかなかならないもんだよ。
きたいしないであげて」
とゆうようなことを話してもらった。
最近は、保育園が騒音がするから必要とされているのに建てられないとか、
除夜の鐘自粛とか、おもちつき廃止とか、
わたしからしたら「え?マジで?」
と思うようなことも色々ニュースになる。
色々なくなるこの子たちは、かわいそうなのか?
わたしが小学生の頃、ポケモンがゲームボーイで出て、
(またポケモンの話してる…)
ゲーム機を買ってもらえない我が家は友達に借りて必死でポケモンをしていた。
風邪と嘘をついて、学校を休んで目を真っ赤にしながらポケモンをしていた。
心配してくれるおばあちゃんのおかゆをたべながら、一日で全クリした日もあった。
画面の中で出会うポケモンに、ほんとうにドキドキしていた。
ときは過ぎ、20年後。
結婚してこどもを寝かしつけながらわたしはポケモンを捕まえたり、
ジムに行ってバトルしたり、
ポケモンを探して町をうろうろしている。
20年前は空想だった世界が、今は現実に少し近くなっている。
一刻一刻、当たり前は変わる。
息子が大学に行く18年後、
大学の意味はどう変わっているだろう。
お餅つきを一度もせず、
もし除夜の鐘を聞くこともなくなった未来にいる息子は果たしてかわいそうなのか。
わたしたちが持って感じた幸せ以上の物が選べて、与えられ、
なーんにも不自由してないかもしれない。
選べすぎる自由に悩んでいるかもしれないし、
なーんにも逆に考えてないかもしれない。
時代がかわることが寂しいのは、わたしたちなんだろう。
自分たちの人生と、世界と、未来は、
こどもたちと、似ているようで違う。
一歩くらいじゃ近いから、こどもが道を選ぶときは三歩くらい離れて、
期待も、心配もしすぎないようにしたいもんだ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

スポンサーリンク

更新情報のチェックはこちらから



高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩。京都、金沢、富山高岡からの能登半島住。

転勤族で、北陸か高知に大体おります。一児の母。

詳しくはコチラ→プロフィール

【CONTACT】

寄稿、ライティング、インタビュー(人となりをわかりやすく記事にします)

仕事ください!

ついでに万年乞食にコレください!!

坂本のAmazon欲しいものリスト

ご連絡は、

thelittleprince516@gmail.com

②LINE@

QRは↓


友だち追加


③FBやTwitterからのメッセージ、もしくは

の順に返信早いです。

元肉食系広告代理店勤務

(求人・住宅・美容・ブライダル・飲食・陸自・神社などオールジャンル)

を経て、旅館ではオールサポートという何でも屋。

マーケティングやお店のPRに関してのアドバイスが得意。

…なんですが恋愛相談ばかりされるので、

【 恋愛相談始めました】

100人以上の恋愛相談にのってきた→さかもとみき相談部屋(BASE)


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です