インドネシア のジャコウネコのフンから採れる『コピルアック』希少なコーヒー豆の味と入手方法

いろんなコーヒーを飲む機会がありますが、「コレ!」とドンピシャでハマる味のコーヒーってそうそうないですよね。

ここ数年で私が再度飲みたいと思っていたコーヒーを取り寄せたので紹介します。

それは「ジャコウネコの糞コーヒー」。

始めて飲み友達の弟君にもらって飲んだ時は衝撃でした(ブツも、味も笑)。

最後の出産が終わり、ちょっとカフェインが欲しい今日この頃、もう一度飲んでみたいなと以前いただいたコーヒー豆屋さんに問い合わせ貴重な豆をゲットできました!

スポンサーリンク

ジャコウネコの糞コーヒー!コピルアック

コピ・ルアックは、「ジャコウネコの贈り物」とも呼ばれるコーヒー豆。つまり、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことです。

「コピ」はインドネシア語コーヒーを指し、「ルアック」は現地でのマレージャコウネコの呼び名だそう。

ジャコウネコが大好物コーヒーチェリーを食べ、フンとして出てきたコーヒーチェリーのパーチメント(コーヒーの実の種子を包む周りの薄茶色の内果皮(ないかひ))を洗って乾燥させた豆。

フンと聞くとインパクト大ですが、どんなお味だったっけな……。

ジャコウネコの糞コーヒーはめちゃくちゃ飲みやすくて優しい口当たり

私は以前いただいたところと同じ東京にある「すずのすけの豆」さんでコピルアックを購入。

送っていただいた豆と一緒に産地やジャコウネコの写真や説明もあって、飲むモチベーションも上がりました!

実際にドリップしてみると……主張しすぎない優しい香りが印象的

ほかのコーヒー程すごく強い感じではなく、部屋に入ると香るくらいのつつましさ。

フンで出てきたと思うと、クセがつ様そうですが、そのイメージと対極な感じに期待が高まります。

実際に飲んでみると……え……飲みやすい。むしろ、優しい……。

普段は私、コーヒーに牛乳を入れて飲むことが多いんですが、これならコーヒーそのままでいける。

コーヒー。おいしい。

コーヒー好きの来客に出す機会があったのですが、みんな口をそろえて「のみやすい!」と話していました。

※産後なのでずっとノンカフェインのコーヒーを飲んでましたが、これを機に香りも楽しみたくなりドリップコーヒーを飲むようになりました。

ジャコウネコの糞コーヒーを買いやすいタイミングと価格

今回、お願いしたいと「すずのすけの豆」さんに話したところ、今年は入荷が遅れ、1月のその日、丁度はいってきたばかりだったそう(運よすぎかよ私)。

例年は「すずのすけの豆」さんで12月限定販売されているそうです。

2022年現在の価格は1,000gで5,000円!

数量、豆か粉かも好みに合わせてお願いできます。

ちょっと私には豪華な豆ですが、コーヒー好きな義両親や両親との話題にもでき、一緒に楽しめたので本当にたのんでよかったです。

ジャコウネコの糞コーヒー!コピルアック入手方法

普段はそこまでコーヒーにこだわりがないのですが、義両親、両親が好きなので、聞いてみたら二人とも知っていました。

コーヒー好きには割と知られている豆なんですね!

インターネットでも買えますが、東京の「すずのすけの豆」さんでも期間限定で12月に購入できます♪(今後は入荷次第だと思うので、SNSをチェック!)

インドネシアでも売っているのかな……もしあったら次は現地で飲んで、買ってきてみたいと思いました!
(インドネシアには2回行ってる)

教えてくれた大ちゃんありがとう!!!

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、3児の母。 転勤族の妻でうっかり新潟で家を買って辞令を震えながら待つ身。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください