スーパーめんどくさいママ友という付き合いを多角的視点で書く「消えたママ友」野原広子

転勤族でぼっち大好きなさかもとです。

最近、仕事でやつれはて過ぎて、息子の保育園で

「どうですか?最近、お話する方とかお友達とかいます?」

と保育士さんにもメンタル心配されてました…。

そう思うと、私、ほとんどママ友がいません

会うのは、転勤族の同じ境遇のママくらいかな…

そんな私がタイトルが気になるなと「ママ友」漫画を読んでみました。

スポンサーリンク

死ぬか消えるか耐え続けるか…結婚次第でママライフは地獄

<あらすじ>
優しい旦那さんとお姑さん、かわいいツバサ君に囲まれてキラキラ幸せそうだった有紀ちゃん。そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。 保育園のママたちの間ではその話題で持ち切り。噂では有紀ちゃんは男を作って逃げたということらしい。 有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。 しかし、みんなそれぞれに思い当たることがあった・・・。 平凡な日常を襲った時間を巡って、ママたちがじわじわと自分たちの闇に気づいていく。これは、あなたの日常にも起こるかもしれない物語。

感想:★★★★

おもしろかった。

絵がソフトでかわいいウシジマくんみたいなところあったよね☆彡

レタスクラブで連載していた作品ってきいて意外なくらい結構重いけど、よかった。

よくある主婦のひねりだした自伝エッセイっていう感じじゃなくて、ちゃんと物語なのがよかった。

子ども同士のいじわる、注意の仕方、小さな疑念、ズレ、嫉妬……

改めて、友達って見えないところがあっていいよな~って思いました

言いたくなったら言えばいいけど、そうじゃなかったら別に勝手に言わしておけばいいなと。

子育てすると、自分の人生を子どもにだいぶ使うことが増えるから、人生決まったのに「たられば」考えてしまう人は多いと思う。

でも、まあ、そんなことを言ったらずーーーーーっと、たられば言わないといけなくなるので……。

大変だなーとちょっと離れたところで読んでました。

子どもも結婚もほとんど運

一番共感するなら友ちゃんかな。

誘われたら断れない感はある。

結婚して、子ども産んでわかったけど、うまくいかないことがある、すごくいい環境にある、そればもう全部、運。

妻、お母さん、頑張りようがない部分が絶対ある。

私は義両親がいい人過ぎて、自分の親のズレた感じとか改めて実感したし、そう思うと、うちに嫁いだ人は大変やなって思うし。

頑張っても、頑張っても、どうしようもないことがある。

だから頑張るのをやめるって、お母さんたちにとっては結構大事なことやと思う。

でも、それさえ許されん地獄のような環境ってある。

逃げた有紀さんみたいに。

私も、逃げたほうがいいって言ってしまうかもな。

私は人の人生に興味がない

読んで思ったのは、0歳4歳がいながら私にとってママ友って他人事やなってこと。

相変わらずしがらみがない生活をしてるなって。

休日は、趣味の利害が解りやすくあうママ友と一緒にすごしたり、元職場の友達と会ったり、転勤族って共通項ある友達と会うけど、それ以外は基本一人でいいなって思う。

ママ友も、ストレスの一つになる。

それくらいなら、持たなくてもいいと思う……

っていうのは極論かな。

私が転勤族だからそう思うのかも。

今後、子どもたちの関りが濃くなったら、私もママ友問題で悩んだりするのかな…。

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください