【映画】一秒先は“死”かもしれない。南国で散る、魂と笑い声が焼きつく「ソナチネ」

スポンサーリンク

強くないから、銃を撃つ。死ぬことを考えすぎると、死にたくなる。

男の色気&アウトロー臭がするクラシックな映画を見るキャンペーン中の彼の影響で最近昔の名作映画を見てます、坂本です。

北野作品ではキッズリターンが好きで、戦場のメリークリスマスも結構好きでしたが、全作はまだ見たことがありません。

結構ミニシアターばっかり見て育ちましたが、中高の頃は北野監督は巨匠=メジャーだなという感覚があったのであんま見てなかったです。

いやー、もっと早く見ておいてもよかったな。

これはよかった。

「ソナチネ」

この映画を見て改めて思ったけど、男の色気って顔の造作というより「あやうさ」に起因する気がする。


「今日死ぬかもしれない」状態と夏休みが混ざったような映画で、夏に見るのにぴったりでした。

ヤクザの抗争映画なのに、笑っているシーンが多いのが印象的。

ぽんぽん人が死んで、だんだん人が減って、だんだん終わりに近づいていく。

追い詰められた状況で男が選んだ道とは…。

なんとなく、ヒキタクニオの小説思い出す場面がありました。

北野さんの笑っても、目の奥が静かな感じが、無音で進む場面とぴったりで、ぞくぞくします。

オンナがそういう人に惹かれるのも、男がついていくのも、よく判る。

あと、音楽がやっぱ死ぬほどいい。

20年以上前の作品やけど、錆びんなぁ。

映画は、「数字」が確保できるから作るものでもなく、「みんなが泣く&笑う」ところを狙ってみるものでもなく、美しく、感じるものが私は好き。

「美しい」だけでものは価値がある。

映画も、小説も、漫画も、出会い。

大人になって仕事をしだしたら尚更、選べるものに限界があるのでその出会いはとても尊い。

というわけで、ちょくちょくクラシックな映画またディギングしていきますv( ̄∇ ̄)v

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です