【仕事】住民税が、今年0円だった話。

スポンサーリンク

仕事を辞めると、いきなりやってきた約10万円の市民税支払の書類。トラウマから2年、来ないと思って税務課に行くと…

どうも、2年前、良性発作性頭位眩暈症になり、営業マンとして心も折れてたので、仕事を辞めて土佐へ帰る決意をした坂本です。

結局、彼の家に転がり込んで、富山の高岡に住むことになり、4か月富山で過ごして、一年前の4月から能登にきて、今に至ります。

貯金30万で仕事を辞めた私。

無計画で仕事を辞めたので(20万貯まったら海外に行っていた)辞めた当初、30万しか貯金がなく、

しかも友達の結婚式が2件、遠方で続いて、

更にケータイを一括で買ったので(未来の自分を信じられないのでローン嫌い)、

気づいたら手元に10万位しかないな~と想っていた頃、市民税の支払いが来て、度肝を抜かれました。

ええええええええええええ?
丁度10万もってく?!笑


そして、国民健康保険と、国民年金の請求もいらっしゃいますね。

えええええええええええええ?

生きていくの無理ちゃう?

自由を手にしたと思った瞬間きたこの仕打ち。

同じ時期に辞めた友達(その子は大手の会社を退職、貯金は100万だったが、海外に飛んだりとりあえず旅行しまくってたので私と同じくらいのスピードでお金を消してた)と

「おかしくない?死ぬくない?」

とか言いながら、絶望。

とりあえず、国民年金の控除手続きに行き、市民税は払って、国保の重い重い支払いに会社のありがたみを感じました。(半分払ってくれている)

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート

書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】

引っ越してからは、市民税の分割払いと、国保の支払いで月3万ほど、職業訓練に行きながら払ってました。

27歳になり、全てを失って思ったこと

もうね、あれほど結婚したいと思ったことはなかったですよ。

「伝説の…扶養というものに、入りたい…泣」

とね。

夢もロマンも、愛もブッ飛ばして、税金や保険のことしか考えれてなかった。

で、とりあえずそんな理由で求婚できないので、公務員の父に電話しました。
そしたら

「120万以上収入あると、無理やと!」

そう、私、上半期、がっつり働いてる…(つд⊂)ゴシゴシ

27歳にして、丸裸で社会に出てみて、自由を手にしたと思ったら、

手元に残しているスズメの涙程のお金がすべて吸い取られる仕組みになっている。

いやー、まいるわ。(貯金してない自分が100%悪い)

ああ、働けって言われているわと思いました。

新卒の会社を辞めて「働く」ことを考える

正直、「働く」のがいやなわけではなく、

その頃は少し無理をすると眩暈が起きて、車の運転すら危なかったのと、

「できない」と思うと涙が止まらなくなる位自信を失っていたので、
どうしていいか解らなかったので途方にくれていました。

そういえば、学生の頃は保健室にばかりいる頭痛持ちで、やりたくないことは出来るだけ避けて通る自分を知っていたからこそ、就活では好きな仕事を選び、

辞めるまで、ほとんど辞めたいと思わず「仕事が楽しい」と思って働いてきました。

でも、見ようとしてなかった自分の中にたまった「我慢」が体調に現れ、一個ずれると取り返しがつかないようになってしまった。

「好きなことを仕事にしたらいい訳はできない」その思い込みで自分を追い込んでしまったなと、今では思います。

で、「好きな事を仕事にした」のに、それに挫折したので、途方に暮れてました。

それすらできない自分って、どうしたらいいがやろう、なにができるがやろう。

ずっと「出版社で働く」という夢があった自分から、「何をしていいかわからん」と大勢の人が思う境地へ。

初めて他人の、何を仕事にするか悩む気持ちが27歳にしてわかりました。

で、ちょっとできるって言いがちですが実は全くできないパソコンの職業訓練に通うことにしました。

「できんがやき、人生の夏休みにしよう、しゃあない」

と。

で、自分の以前の年収に応じてその分の何割か支払われる給付金で生活していました。

私の場合、13万ほどあたって、そこから市民税と国民健康保険代、合わせて3万程をし払っていたので、月10万ほどで生活していました。

さ~て、今年の市民税は?!

で、4月からちゃんと働きだし、びびりながら毎年来る市民税の通知を待ってたんですが、今年、こないわけです。

おかしい。

「国保と年金きたのに、市民税こんとかおかしい。もし、向こうに漏れがあっても、発覚した瞬間15万ぐらい払えっていわれても、私もう、10万もでんで、これ以上生殺しみ
たいなも気持ちにされるのはかなわん…

そうや、税務課へいこう!」

としびれを切らして税務課へ行きました。

そしたら、

「去年の所得が、65万円以下なので、支払いはありません」
(因みに保険を支払っていてもその額に応じて割引や免除があるそうです。市役所で優しく教えてくれます)

という…なに?!

給付金は収入に入らないので、私の去年の所得は、ちょっと面白い位に低かったです。

切ない。社会に貢献してない感じがすごくする。

というわけで、今年は市民税の支払いがありませんでした。

びっくり。

でも今年はばりばり働いているので来年あたりまたヤツがやってくると思います。

北国にきて、除雪結構しっかりやってくれているので、市民税を払うのも「そらそうやな…」と思っているので、また来たら、おからともやしばかりの食卓になってでも払います。

そして、市民税がないのに、今の私の貯金は、8万円で、10日の給料日まで、残金200円です。

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください