【恋愛】好きだけど、好きなのに、好きだから、好きなんだけど「好き」ってなんか難しい

スポンサーリンク

「好きかわからない、優しいとは思うけど…」「好きって何?」「そんなに好きじゃない」

恋愛体質だった10代後半から20代中盤を経て、最近は女性にしかドキドキしなくなってきた、29歳坂本です。

休日だったので、YOUTUBE内を散歩している途中、あるアーティストのラップに最近あけてない扉を開けてもらいました。

fack me me she Remix / SHU-THE from Nostalgia Trust

「好きで、どうしようもない」と思ったこと、私もあった気がする…と。

好きな人にまっすぐ進んだ結果

好きな人はたくさんいたけど…

高校の頃、大好きになった彼には、「忘れられない好きな人がいる」と言ってふられました。

「親戚でも死んだが?」と友達に心配される表情をしていたそうです。

数年後カラオケボックスで再会した時、向こうは一瞬付き合った私のことなんて覚えていませんでした。

ドキドキしながら直した化粧も、心臓が飛び出る位声をかけるか迷ったことも、

彼の反応で、泡になって消えていくって、こういう感じかな…と涙すら出ずに思ったのを覚えています。

大学時代、

「遠恋で終わるなら、それは本当の恋じゃない」と頭にパンジーでも生えていた私は、

名古屋と京都で遠恋をしてみたけど、結局向こうが職場に気になる人ができ、フラれました。

「本当の恋」と思っていたものは、初めて男性に依存していた「自分の執着」だったと知り、

半年程引きずった挙句、髪も切り、体重も減って

「なんや、あいつおらんでも全然生きていけるやん!好きな音楽も聞けるし最高!」
(HIPHOPが好きなのに、バンドマンの相手に合わしてパンクばっかり聴いていた)

と、すっきりしたのを覚えています。

社会人になって好きになった人は、人ったらしで、

「その人に尽くす私」に酔ってました。

営業の合間にマックでご飯を買って自分の部屋でだらだらしている彼に届け、パンツ代を渡し、

つきあってくれるわけでもないのでセックスもせずに、車を出してと言われば出し、ビールを与え、

部屋でオナニーしていたと自己申告されても怒らず(何故言ったのか…)、性懲りもなく、

2年ほど片思いをしていました。

…ろくなことがなかった。

こんなの一部で、もっとろくなことがなかった。

好きで選んだ人といたけど、いいことがほとんどなかった。
満たされない切なさを「恋」と勘違いしてた。

痛くないと「恋」じゃないとか思うようになっていた。

歳を重ねる、経験を重ねるほどに、むしろ、悪化してきた。

理想で男を選んだ結果。

まあ、そんなワケで、自分の「好き」というアンテナの狂い加減をだんだんと自覚してきました。

社会人になると、仕事でもおんなじ失敗してるわけにはいかないじゃないですか。

そんなわけで、失恋して、何度めかの髪を切りながら(失恋したらベタに髪を切ってた)おもいました。

「どんな男と一緒に居たいのか」

散々好きな男と一緒にいた結果がコレ(また髪を切っている)。

「弟みたいに、ゆうこと聞いてくれて、私を好きで受け入れてくれて、一緒に遊んでくれるのがいいな」

と、不意に思いました。(ファザコンでブラコン、弟のでき婚で発狂女⇒私)

そこから、私の恋愛観は変わりました。

振り回して私を翻弄してゆく刺激をくれる好きな人より、
私を受け入れてくれて、一緒に楽しんでくれる人がいい。

そこから、刺激的な人には深入りせず、今までなんならつまらないと思ってきた男性とも遊ぶようになりました。

で、今結構毎日が楽しい。刺激的な男を選ばなくなってから。

言い方が悪いですが、つまらないと思ってきた「優しいだけ」の男、主張しない男は、

一緒に居てすごく楽であり、包容力もあり、

噛めば噛むほど味が出てきて、伸びしろがあって面白い。
(最初はよく判らない男だなと思っていた)

それに気づかなかった、刺激的な男が好きだった自分は、

なんと中身がなく、相手を満たすことを自分の存在意義にしていた薄っぺらい女だったのか。

しかも、そういうエキセントリックな男に添い遂げる根性も勇気も解消も、意地もなかったわけなので、

本当に考え方を変えてよかったなぁと思ってます。

これは、痛い目を見てこないと解らない。

そんなわけで、好きな人と上手く行かない人は、自分の生きていく範囲で、更に相手だったら自分を選ぶかという客観的なフィルターを持ったうえで理想の相手を設定することをおススメします。

しかし、あくまでも理想とは、⇓。

「好き」とか「(思い通りにならなくて)くやしい」じゃなくて、「一緒にいて楽」「楽しい」「優しい」

それがフィルターやと、一緒にいて楽しい=生活しててたのしい=結婚相手が探しやすくなりますよ。

壊れるほど愛したい系の人は、ボロボロになっても、しばかれても、暴言吐かれても、貸したお金が帰ってこなくても、他の女と浮気されても、多分自分が嫌になるまでそこから出られないので、

地獄の行脚、頑張ってください♪






最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です