すぐに終わってすぐに怖い。福井と東京を行ったり来たりする百物語「深夜百太郎」舞城王太郎

深夜百太郎
スポンサーリンク

食べるように文字を読む。そしてその世界に遊びにいく。

そんな私にうってつけ、舞城王太郎の100物語、「深夜百太郎」

入り口と

出口が

あります。


粗いあらすじ

福井の西暁(南条)と東京の調布が舞台で、交互に繰り広げられる100の怖い話。

交互に繰り広げられるのは”都会の怖さ”、”田舎の怖さ”。

ぞくっとする。

2015年5月24日から8月31日 まで毎晩怪談を1話ずつ、100日間に渡ってお贈りした舞城王太郎のホラー作品。この作品は夏の夜に一話づつツイッターで書かれたことも話題になった。

感想:★★★★★

よかったっす。

こびりつく恐怖と「何か」の気配は、私たちが忘れようとしているものに思えて仕方がない。

というわけで一気読みしました。

あー、おもしろかった。

例えば、

●サイクリングロードで追ってくる首なし自転車

●彼女が消えたトンネル

●蛍を一人で見に行ってはいけない

●好きな人を追って山に入って騙されて帰れなくなる

●神通力?のあるおじいちゃんの遺体を巡って繰り広げられる争奪レース

●人の家を覗くことで何が返ってくるか

コレで何夜も眠られなくなりました笑

私は西暁の話の方が多くのこったなぁ。

流石田舎育ち。

よく福井は敦賀で降りて関西へ向かうこともあったので、この話もしかしてあそこ?!

と思うトンネルも。

高速道路で福井を抜ける時は山に色々な「奴ら」がいることを意識してしまうようになりました。

人は目に見えるものばかり信じるようになっている気がする。
その方が便利だから。


おばけがいるとか、幽霊がいるとかそういう簡単なはなしじゃなくて、人間の中にあるねじまがった感情や、恐れ、そこに残った想いなんかはあらゆるところにおる。

田舎に漂う不思議な嫌な感じだとか、良いものだとか、山の怖さとか、都会の毒とか、そういうものをひとつずつ取り出せる不思議な箱でした。

怖いのは苦手やけど、これは終わるのが惜しかった。

そしてツイッタ―で小説が出来上がるというのも、現代らしくて素敵。

また新作を待つ時間がつらいよ~

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク
深夜百太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください