マジでいい漫画!ぽっちゃりヒロインと敵対する隣国のやりとりに引き込まれる「金の国水の国」岩本ナオ

金の国水の国

漫画のチョイスに対して旦那にいつも首を傾げられる坂本です。

が、これはいい!!!

いい漫画読んだ後って読後感が違うんですよ。

これは、いい!!

スポンサーリンク

いがみ合う人と国の中で人を大事にできる二人が出会う

あらすじ
昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。

毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、
とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい
慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。

A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり
B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――

そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?

「町でうわさの天狗の子」の岩本ナオが292Pのボリュームで贈る、おとぎ嫁婿ものがたり。
小学館HPより

感想:★★★★★

でました!★5つ!結構でないんですけど、よかったんですよ、この物語。

絵はそんなに好きなわけじゃなかったから、こんなに心に残るなんて意外でした。

凄いパンチとか変化球があるわけじゃなく、丁寧で、優しくて、もどかしくて、あったかくなれる物語でした。

金の国水の国 金の国水の国

とはいえ、平凡なのほほん漫画なわけじゃなく、隣あった国は格差があり、いがみ合っており、姫様は色男の愛人をシェアしていたり、普通に毒のある漫画なんです。

金の国水の国

よくこの構想で1冊にきれいにまとめたなー!

そこもポイントが高いところですが、主人公とヒロインが、頼りなさそうなのに、心の底がどっしりしていてすごくかっこいい。

純粋に、人の幸せとか、よくなることとかをねがっていて、ギラギラしてない。

そう、ギラギラしてないので読みやすくて共感できて、言葉が沁みてきたのかも。

「普通の幸せのために」

奔走する二人がすごくよかった。

ヒロインも、ぽっちゃりでやわらかそうなのに、聡明で強い。

こういうのがいい女なんだよ!と思う。

卑屈になってこじらすぽっちゃりじゃなく、心の芯が強いぽっちゃりはモテるよね。
現実でも。

いやー、いい漫画でした。

俄然気になる他の作品

めっちゃよかったので作者の他の作品あるかなーと思って調べたらありました!

12巻か~!大人買いできるな~♪

小遣い日来たら早く買って読みたい♪

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
金の国水の国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です