【新妻日記】夜遊び&イケメン好き新妻と新婚生活について語ったこと

今では身体も心もだいぶ丸くなりましたが、
仕事しだして2年目からは週末はイベントの度にクラブや飲みに片町に出掛けてました。
広告屋だったので、店という店、全て会社のクライアント。
ドSな先輩社員に、
「坂本、昨日お前、⚪︎⚪︎んとこで暴れたらしいな」
なんて言われた日には血の気が引きました。
宵越しの金は持たないので、車に代行代だけつっこんで、
おごってもらえるとこはご馳走になりながら、出会いと酒にまみれた生活をしてました。
クラブでの出会いは即やったら終わり。
狭いコミュニティーの中なので、男性グループの中で噂は一瞬で広がり、生きにくくなります。
私はバーで一人のみしてて、その光景を目の当たりにし、学びました。
「あの子、⚪︎⚪︎とやったやろ」
つつぬけ。
なのでそこらへんはアバズレまくるわけにはいきませんでしたが、
気をつけたとて、その時期ひっかかるのはダメ男ばかり。
かわいいギャル友達も当時同じループにいて、励まし合ったり、「止めとき!」と止めたり、涙なしには語れない様な、
遊び人に振り回される時期を過ごしました。
夜遊び&イケメン好きのギャル友達の結婚
去年、その友達も結婚しました。
堅めの仕事の、優しい旦那さん。
結婚を決めるまで、また刺激がほしくなるんじゃないかと悩んでたので、きいてみました。
LINEで、旦那どう?と。
「結婚生活超楽しい!
みんなこんなに楽しいことしてたんだねー。
早くすれば良かったよ」
わかる…わかりすぎる。
あんなに大事だと思ってた刺激は、安心感で、まるっと満たされるようになるんですよね。
結婚やら仕事に対する漠然とした不安が20代後半て一気に襲って来るのですが、
ちゃんと仕事する優しい人と結婚すると一旦それらの不安はだいぶ軽くなります。
それからは、また人生のステージによって悩みは出てくるかもしれないですが、
それは別問題。
一つ一つクリアに向き合うしかない。
とりあえず、友達と語ったのは、
「マジであの頃、適当なチャラ男とデキ婚で人生決めんでよかったね」
ってことでした。
優しいだけじゃダメとかいいますが、そんなの贅沢ですよ。
優しいだけでいいじゃない。
優しくて素直で最高。
それだけで、今の旦那で良かったと思えます。
大事にしなぁなー!

クラブツーリズム テーマ旅行

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!









スポンサーリンク

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です