【恋愛】よだれ出そうないい男でも自分に合わない場合はいい女を紹介し続けてきたアラサー紹介ババアの独り言

スポンサーリンク
三十路になって、最近また紹介ババア病が復活しました。

もともと、男子とドッチボールをする女だったので、中学高校と男友達が多く、紹介業にいそしんできました。

大学に入ってからも、うちにたむろするのが、酒の飲める外見のいい中身カス男だったので、

紹介業は続きました。

社会人になり、営業先で、一人でのみにいった店で、出会う→合コン→出会う合コンと繰り返し、 

女性のランクに合わせて職業を選べる様な人脈ができました。

学生~社会人数年、紹介するポイントは、見た目やノリが釣り合うか
、でした。

男女ともに、相手をアクセサリー感覚選べる年頃。

そんな中、自分が好きになる男は、底辺の、底辺。
久しぶりに検索かけたら、犯罪者になっているレベル。

高スペックに出会うのに、自分で選ぶのは、ダメの中のダメ。

出会いの数だけ男を見ているはずなのに、
見すぎて、

「あ、これは私にもったいない。見かけも、中身も◎なこの子やな」

「こいつ遊びたいだけやし、遊びたい子に会わせとこ」

「場を盛り上げるのが上手いイケメン集団の合コンに連れていけるのはこのレベルやな」

と、周りのことは冷静に精査できるのに、自分のことは後回し。

結局、自分の恋愛アンテナは壊れていると悟り、24歳で自分で選ぶのをやめました。

結婚し、三十路になって、自分の人脈と居住地がかわり、出会いも減りましたが、

ここにきて最近立て続けに3人紹介しました。

関西、東京、高知。

場所もバラバラ。

三十路になって紹介するポイントというか、お願いされるポイントは、

「結婚を視野に入れられるかどうか」

だから職業も絞って指定されたり、
「親に紹介できるレベルの清潔感」
とか、そういう要望になりました。

私的にも女性に紹介するときは、割と固硬い職の人をあてがう感じ。

過去、がっかりされるかもな…という見た目の男性でも職業やコミュ力、安心感などの数年前は重視されなかったポイントが今効くので、紹介しやすいです。

過去相当の遊び人もでき婚や、遊ぶのの飽きて結婚してる場合が多いので、そういうチャラい人男性は不倫案件になるので、一切紹介しないし。

女っ気ない男友達は真面目や潔癖が多いので、スマートではないけど、結婚相手にはいい感じに育ってます。

女性も三十路前後になると、「贅沢言ってる場合じゃない」と危機感を持ってるので、
ストライクゾーンが広くなります。

そもそも、恋愛と、結婚という家族に求めるものが違うので、
男選びを見直すタイミングにさしかかっているわけです。

恋愛結婚にあこがれる人もいますが、
結婚はお互いの条件の折り合いの部分が気持ちより勝つことがある制度なので、
お見合いでも上手くかみ合えばうまくいきます。

うちの両親もお見合いだし。
昔はそれはふつうで、そうじゃなくなってから離婚率も上がっているので恋愛の方が危ういと個人的には思います。

というわけで、今、件の素人童貞の子を見守っています。

まとまったらまた記事にします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。
友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。
FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です