【坂本、孕む2】里帰りの荷造り中「喧嘩して帰ってくるのはなしだからね」と釘を刺される

産休に入り、穏やかな日々を過ごせる…

そう思っていましたが、

実際は保険契約や準備、眠る、であっという間に時間が過ぎました。

この部屋に、3、4か月も帰らないのか…

その間旦那が一人で生活するのか…

と思うと不思議な感じ。

でも家事力は私より旦那の方が多分あるので心配はあんまりありません。

そんな中、昨日旦那と荷造りをしていて、言われました。

スポンサーリンク

「喧嘩して、帰ってくるのはなしだからね」

北陸の私の周りはちゃんとした人ばっか。

高知の私の周りは、ぱぁぷりんか、自由か、自分勝手(自分も含む)。

里帰り相談中、だいぶ前に言うたのに、

父母「家改装するから~」

弟夫婦「結婚式するし~」

ぶっこんできました。

で、私の里帰り中の居場所でもめて、親に、

「もう、工期ずらさんとこっちで産む。旦那とおる方が楽やし」

と連日鬼のような形相で電話で交渉し、やっと工期を秋に延ばして里帰りが決まった経緯があったので…。


旦那のこの一言がでました。

~心の声~

ああ、旦那はよく私のことをわかっちゅうなぁ…
こっちのベクトルで、しっかりしてきたか…
たまらんな…まあ、頼りになるきいいけど…

最近、食べすぎると怒るオーラを飛ばしてくるおなかの子も男の子。

「みきさん、そのままじゃ家庭に味方はいないよ」


と冗談みたいなことを本気顔で言う旦那。

…こわいよ…

「大丈夫、最悪カドマイ(友達)のおばあちゃんちに避難する!」

と返す私に冷ややかな視線を送る旦那…

北陸の私と、高知の私は人が違う

ので不安でいっぱいですが、もう汽車は動き出したので、

肝と腹くくって頑張ります!

話を聞くと、実家や産む場所、手伝ってくれる人で結構いろんな家がもめるみたいですね。

私も苗字かわった位でなんもかわらんわーおもいよったのに、このことがあって実家がまるまる私の味方じゃないことがあるんや…と初めて嫁に出た実感がありました。
結果、あわてて味方になってくれたけれども、不安やなぁ。

妊婦はいつもみたいに冷静におれんくて、体の能力は著しく低下して、産後はしばらく体も使い物にならなさそうなので、

ここで頼るところがないとつらいと思う。


つらいよ。

不安でいっぱいやけど、おかげさまで足はもげそうに痛いけど体は元気なので、

楽しむマインドで帰りたいと思います。

暑いろうな~!!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です