【穴場】これからはオシャレ隠れ家カフェでラテではなく、伝説の底なし沼で湧水を飲もう「みたらし池」

スポンサーリンク

BGMは小鳥のさえずり、名水百選にも選ばれたことのある水は600リットルが湧き出ておかわり自由。春はわらびも生えてたよ。

野山を駆け回って育ちました。「笛を吹いたら集合の合図ね!」とか言ってたガキ大将、それ坂本です。

新しい職場の先輩が、「すごいいいところがあって近いよ!」と教えてくれたので、山菜採り行くついでに寄ってみました。

小腹がすいていたので、カップめんにお湯を入れ、走ること5分。

ちょっと伸びたカップめんを食べていこうかと思ったら…

あ、すぐあった。みたらし池!

池のそばにベンチとかもあるので、座って食べることにします。

なんか面白い絵。(☆゚∀゚) 

この池、


聖武天皇皇太子
眼病
治療に使われたと言い伝えがある。 また、戦国時代、敗走した武将が愛馬とともに入水した底なし池とも言われ、元旦の未明、赤い鞍が水面に浮き上がることから、「赤蔵」の地名が生まれたとされる。

ウィキペディアより

とかなんとか結構伝説もあるみたい(OvO)
いいねー!気になる!

そして、池の水は…飲めるのかとおもいきや…


池には類が繁殖していて煮沸しないと飲用水として利用できない。

…でも回っていくと…お、湧き出ているところかな!ひしゃくがあるってことは飲めるよね!

ってことで飲みました。

お水、無味。でも、その無味ってなかなかないですもんね!

池の周りを回っていくと…

ぜんまい発見!!春ですね~

そんなこんなで、ぼーっとしてましたが、すごい、落ち着く。

なんてスポット。

ポカリスエットも、まるでCMのワンシーンの様。

なんか狩りガールとか、山ガールとかはやっちゅうし、

これからは、隠れ家カフェでお茶とか、かわいい雑貨やめぐりもいいけど、

お気に入りの池で一服して、キノコや花を見ながら山道めぐりとか流行りませんかね(⌒?⌒)

無理か(; ̄Д ̄)

四季によって草木も花も、キノコも変わるし、食べられるものまであってお得!

なんかマイナスイオン的なものも感じれて、ジムいかんくても山登りで運動できるし、

上級者になれば、どの動物のフンとか、足跡とかも見つけれて楽しいんですけどね♪

個人的には山は大人のアスレチックだとおもっているので、

どんどんまた遊びに行きたいなと思いました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

でも、こんな看板も…

後ごみ捨てられないようになのか、これが鳥居的なものがあるのも怖いですね。

山菜もらう分、捨てられているごみは持ち帰り。

ホント、女のポイ捨てとごみのポイ捨ては、ダメ、絶対!!(`・д・´)

歩くコースとしても魅力的そうなので、今度はおにぎりでも握ってきたいですね♪

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから





お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です