【小説】甘いのに政治を考えるきっかけに。そして、チョコレートをこんなに食べたくなる本がある?!”チョコレート・アンダーグラウンド”アレックス・シアラー

本の虫と化してます。

これも読書友達にお借りした一冊。

食べ物に例えるなら…やっぱり…

スポンサーリンク

【我慢できない!!欲望と幸せの詰まったミルクチョコレート】

感想:★★★

丁度政治とか選挙とかについて考えていたタイミングで読んだ良書です。

甘い、それ故食べ過ぎてしまったり、虫歯になったり。

甘い誘惑とは言ったもので、チョコレートはある側面から見たら確かに、「悪」ともいえる。
同じくらい、幸せを私たちにくれるものでもある。

それがある日禁止されたら。
身体のために一切、その楽しみを奪われたら。

「楽しみを、生きがいを、喜びを奪われる」
これらは今回の話しではチョコレートやったけど、

わたしたちの社会に落とし込んだら、

「平和」「子どもが育てやすい環境」「年金」だったりするんだろうと思う。

社会を回すために女性の社会進出を促して、会社の効率化のために非正規雇用を増やして「結婚」が贅沢品になっていたり…

色々と置き換えられる。

「楽しみも健康的なものではありませんか?寛容は?お祝いは?幸福は?喜びは?これらはすべて、健康的ではないでしょうか?」
「それどころか、これらこそ一番、健康的なものではないでしょうか。不幸や、ときたま起こる、避けることのできない人生の悲劇や苦痛をなだめてくれる、こういったものが。人生を価値あるものにしてくれるのは、まさにこういったものではないでしょうか。それなのに、近ごろ、それらはどこかに行ってしまいました。健全健康党の統治と支配が始まり、あえて言うならば、わたしたちの生活を破壊しはじめてから」
P474 475    30 放送

政治とお菓子って面白い。
こういうことをきっかけに政治に興味を持ったり、真剣に考えればよかったな~

ファンタジーって頭の中を柔軟に自由にするためにあるものかなと思うちょったけど、
アレックス・シアラーの本って、それだけじゃない倫理観に訴えるものがあってすごい。

こんなにいいものとは知らんかった。
探偵ものばっかりじゃなくて、こういう本にも出会いたかったな。

子どもができたら、更に新しい出会い(本とね)をしていきたい。

そう思える一冊です。
親子で政治に関して語り合うきっかけになるかも!
おススメです♪

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから



お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)
18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。



The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください