しつけが「愛ある教育」で育った私達の子育てでの葛藤と対応

毎日旦那に懺悔している。

「今日も息子に怒ってしまった。いっぱい泣いたわ」

怒って疲れて、泣かれて疲れて、反省して疲れて。

自分の心もすり減るけど、怒られて、泣いて、いみわからないまま「ゴメンナサイ」を言い続ける息子も相当ストレスだろう。

育児本を見ても、Eテレをつけても、

「何があっても虐待はダメ」

という言葉が目に入る。

スポンサーリンク

どこからどこまでが虐待か

怒ったり、怒鳴ったり、たたいたり、虐待の定義はどこからか。

国はこれが虐待だと定義づけている。

児童虐待は以下のように4種類に分類されます。

身体的虐待→殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など
性的虐待→子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
ネグレクト→家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
心理的虐待→言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

参照:児童虐待の定義と現状

そうだよなと。

自分が気になったのは、

「殴る」と認識してないけど、たたいていること。

話の中や、危険なことをしたときに「激しく揺さぶる」をしていること。

あとは、「言葉による脅し、無視」などだ。

鬼や河童が来るとほぼ毎日脅している……。

お母さんは頑張ってるから……での肯定

そんな悩みを相談すると、ほぼみんな、

「お母さんが頑張ってる証拠だよ」「わかるよ」

とうけいれ、肯定してれる。

その場はすごく救われるけど、根本的な問題は解決せず、また怒鳴って、自己嫌悪に陥る。

愛あるしつけが普通、むしろ、「あなたのことを思ってるから」と育てられた私は、

「虐待だからダメだよ!」はわかっていてもすんなり受け入れられない部分もあった。

しかし、虐待が子どもに与える影響も、わかる。

この定義を見て確信したけど、私は兄弟には「虐待」をしてきた。

「虐待」で悩むのをやめてお互い気持ちよく生きるを目標にする

虐待は、悪い。

でも、私たちもしつけという虐待を受けて育ってきた。

それが全部悪いかというと、必要な部分もあったと思う。

だから、ずっともやもやしてきた。

でも、この本を読んで、虐待はダメだなと思った。

どこが線引きがどうかとかじゃなく、よくない。ダメだなと。

極端な例ではなく、虐待が子どもに与える影響がとても分かりやすく可視化できる。

押さえつけること、求めることでうまくいけば、その場は円滑にいって母親は助かる

でも、本人にとっては

「なんで?」
「わかってくれなかった」
「自分はダメだ」

が積み重なる。

私は息子の笑顔が好きだし、できるだけ笑って家でも過ごしたい。

だからアプローチの仕方を変えていこうと思う。

怒る時の感情は自分で処理できる練習をする

イライラする原因は大体この3つ。

●できるはずのことをしない
●してほしいことに素直に従わない
●思いが伝わらない

3歳児と接するのは、思い通りにならない恋にも似ている。

自分を出しすぎると、あっという間にダメになる。(3歳児だと反発されて泣かれる)

恋愛なら、相手が思い通りにならないのが当たり前だ。

なのに育児だと、この世に生まれてきて3年しかたってない男にもかかわらず、「どうにかなる」と思ってしまっているところに自分の愚かさを感じる。

そもそも、自分以外は誰でも思い通りにはならない

できることからやってみる

育児は、しんどい。

ほぼ思い通りにいかない中でコントロールするのは難しい。

なので、もう、これは課金制にしようと思う。

「1日怒らず過ごせたら500円、自由に自分のために使ってOk」

これで私は、2万円のワンピースを買うことを目指す。

ゆくゆくは、これに「早く」を言わないなども追加していきたい。

「自分の子ども」であるけど一人の人としてみよう

「いうことをきかない」も、

仕事なら、部下が理解してくれないなら伝え方に問題があると思える。

「なんでもいやがる」も、

そういう友達もいたし、そういう人って認識する人で付き合い方も変えられた。

そんな風に、「自分の子どもだからちゃんとしなきゃ」で過剰に反応するのをやめて、少し離れてみてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください