1人で、クラブ。夢を飾りにしないために私が行動できるようになった誕生日の出来事

あれは、確か23歳あたりの誕生日前。

20歳も超えて、社会人になって、自分のお金で生活できるようになっていたころ。

海外は学生時代から行っていたし、恋愛も、バイトや仕事も一通り経験した大人の特権を網羅して、まあまあリア充で行動力もある。

友達もいる、仕事もある、車もある。

でも、学生の頃からうすぼんやり抱えていたいくつかの夢は、なんとなく叶わないんだなぁとわかりかけていたくらい。

その中の一つ、私の大きい夢もうもれて飾りになりそうだった。

ニトロのイベントに行きたい。

スポンサーリンク

スキなアーティストを近くで、生で見たいという夢

中学2年の頃からHIPHOPを聞き始めた私は、ニトロマイクロフォンアンダーグラウンドというクルーやシャカゾンビ、ランチタイムスピークス、ブッダブランドなどを聞きあさり、青春を過ごした。

クラブハウスに、バンドを観に行くことはあった。

スカパラ、バンプ、エゴラッピン、クラムボン…あとは友達のやっているメロコアバンドやインストバンド。

友達がいれば、どんなマイナーな国も、バンドのライブも全然行った。
大学生になってからは祇園のボーイズバーに出入りもしてた。
ヤバいところも別に怖くはなかった。

そんな私だったけど、クラブは未経験だった。
アングラで、ヤバそうな雰囲気のクラブは高知の片田舎出身の自分には夢の場所だったのだ。

「大人になったらクラブに行ってみたい」

そう思って大人になった。

23歳を目の前にして、ふと思った。

私は一生、クラブに行けないかもしれない…

なんちゃって行動力オンナ

色んな所へ行ったが、大体どこへ行くにも誰かと行っていた。

海外に行くと行動力があると言われていたが、大体、誰かが行こうと行ったのに一緒に行くだけだった。

この時点で「行動力のある私」は周りの勘違いだった。

断らないだけで、行動力はなかった。

23歳を目の前にして、それに思い当たった。

特別じゃない私が変わるためには動くしかない

誕生日、それはまだ特別な響きを持っていた。

毎年みんなに祝われ、プレゼントをもらい、ケーキを用意され、お祝いされる。

まだ学生が抜けない社会人の私にとって、誕生日は特別な日だった。

だから「変われるんじゃないか」と思った。

今年の誕生日は誰にも開けておいてとも言われていない。
彼氏もいない、予定もない。
まだ若い私は特別な響きのある誕生日を持て余してしまうところだった。

私は、変わる!

私は町でフライヤーを手に取り、花金の誕生日にあるバトルイベントをチェックした。

そのころニトロは活動を停止しており、私の夢はもう叶わないと思っていたが、それでもソロでのライブには行きたいと思っていた。

でも、最初からそいういうイベントに行くのは怖い。

最初は、小さなイベントでもいいから「クラブに行く」という一つの壁を超えるため、行動することにした。

金曜はとてもドキドキした。

行動したら、次の行動まで早かった

10時過ぎ、濃いめの化粧をし、黒のオールインワンにジャケットで出かけた。

車はなく、自転車で出かけた。

酔っぱらって部屋の鍵をなくしたら困るので鍵はかけず、そのまま出かけた。

心臓はドキドキしていた。

クラブでは知らない人と人がバトルをしていて、知らない曲ばかりがかかっていた。

それでも、お酒を頼んで、暗がりの中にいるのは楽しかった。

気づけば、12時になっていた。

ケータイを確認すると、誕生日メールが入っていた。

写真が添付され、その写真には、私が不在の家で、ケーキを囲んでピースしている同期がいた。

…同期がサプライズ誕生日を企画してくれていた。

私は滑った。

爆音のクラブの中で見た、私不在の家でみんながほほ笑む写真のシュールさ。
嬉しさと、申し訳なさの混在したあの時のことを、私は一生忘れないと思う。

一度行動したら次の行動はスムーズ

クラブで声をかけてくれた男の子と仲良くなり、次々イベントに行くようになった。

結果的に、ニトロメンバーのXBS、S―WORD、DABOは生で見ることができた。

それ以外の憧れのラッパーやDJもたくさん見たし、写真も撮ってもらったし、サインももらった。

23歳のそのクラブ事件をきっかけに、私は自分で決めて行動すれば一人でも人生を変えられると思うようになった。

あの時クラブに行くようになって、私の人生は「〇〇できたらいいな」から「〇〇したい、行く!」に変わった。

その気持ちは30歳を過ぎても、結婚しても子供が生まれても変わらない。

本当に行動力があるようになったきっかけの出来事だった。

後悔や愚痴を言うくらいならやりたいことは全部やる

今、クラブもない離島で32歳の誕生日を迎え、私はゆるーく暮らしている。

クラブには行けなくなったし、飲み屋も近くにない。

その代わり好きなレコードをかけながら家で仕事をしたり、ゆっくり過ごしている。

2年くらいやりたいことや買いたいものを我慢して、少し前ハワイで家族3人で100万使ってきた。

すっごく気持ちよかった。

今は自分だけの人生じゃなくなったけど、縛りの中でも楽しいことはつくれるし、やりたいことはできる。

子供がおるしできんことはもちろんある。

でも独身時代23歳以降は本当に好きなことをやって暮らしてきたから今後悔がない。

だから、今後もやりたいことは全部やる人生にします。

あー、楽しみ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください