夕方の泣き声で毎日追い詰められるのは私だけ?

未曽有の10連休も、やっと終わりました。

泣く娘をあやしているとき、二歳の息子が押し入れの二階に上り、「うんちでた」とズボンをおろしているの時は一瞬で総白髪になる気がしましたが、なんとか乗り切りれた……。

私のやつれ&ストレスマックス具合に旦那が、

旦那さん
次のこんな大型連休は、実家に帰ったほうがいいかもね…

と二回言いました。

連日の5時6時の早朝出勤、から帰宅育児、寝かしつけ大暴れで、いつも一番最初に眠っていた旦那もお疲れ様です。

気づけは、2人目の娘も4ヶ月を過ぎ、気づけばもう少しで5ヶ月。

旦那さん
もうすぐ離乳食だね

という言葉を笑顔でスルーして、

さかもと
成長は個人差あるから、欲しがればあげようと思う

と6ヶ月ごろ迄まで延期したい気持ちでいっぱいです。

ちなみに今回は生協に頼りまくろうと思ってます。

スポンサーリンク

妊娠中と最初の2ケ月が辛すぎた二人目育児

入院一歩手前までいった悪阻の頃、休日は息子にDVDばかり見せてました。

起き上がるのも辛くて、DVDを変える時だけ起きる、そんなのが2ケ月続き、自己嫌悪と気持ち悪さでいっぱい。

そしてお腹が大きくなると抱っこもできず、たくさん我慢をさせました。

そして産後、授乳で常に二人目を抱える様子を見て赤ちゃん返りする息子。

特に寝かしつけは、なき叫ぶ赤ちゃんを抱っこしながら足にまとわりついてく息子と絶望する私で夜な夜なストレスマックスでした。

息子は夜泣きもカムバックして、一時期は娘より息子をなだめるのに時間がかかりました。

3カ月目くらいからはいい感じ

里帰りしてから、協力的な旦那のおかげもあり、リズムができて平和な日々に。

女の子というのもあるのか、2人目の首が座るくらいからは割と楽。

昼間起きる時間が増え、仕事の時間は減ってしまったけど、1人目になかった余裕からか、深海魚っぽい顔も、

さかもと
かわいい、癒される~

とにおいをかぎまくり、仕事の手が止まっても、困るけどイライラすることなく過ごせています。

が……

黄昏泣き×ご飯準備×お風呂の地獄の夕方

旦那の帰宅時間に合わせてご飯の支度をはじめ、Eテレが幼児向けじゃなくなってきて、息子の集中力がとぎれ、娘が黄昏泣きでぎゃんぎゃん言いながら、やっと乾いた洗濯物をたたもうとするこの時間、毎日地獄です。

2人をお風呂に入れる時、火元を離れられない時、調理工程が多い料理を作る時、娘は泣きっぱなし。

息子にはDVDやアマプラで対応できますが、

娘は、抱かれないと泣き止まない……寝かしてもお風呂にいれなきゃだし眠り浅くて即起き。

結果、毎日夕方ぎゃんぎゃん泣いてる。

急いでご飯の支度しても、息子をお風呂に入れてる時も、すごく泣いてる。

泣き声が響いてきて、仕方ないのに毎日「ごめん」と思いながら過ごしている。

息子の時もあったはずだけど、忘れたから、同じかもしれないけど、やっぱり、罪悪感は消えない。

時々あたまがガンガンするほど泣いているときもある。

仕方ないけど毎日ごめん

いい時もあれば、悪い時もあるってわかってるけど、うまく割り切れない。

息子をかまってあげられてないのも、罪悪感になる。

でも、仕方ない。

仕方ないけど、2人産むってこういうことなんだなと思う。

とりとめもないし、解決もしないし、後悔もしてないし、仕方ないけど、毎日そんな気持ちになる。

まあ、明日から日常が戻ってくるし、引き続き、できることをできるだけ、やっていく。

がんばるぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください