【富来漁港】漁師が友達とか人生のボーナスステージすぎる!!!深海300メートルから採ったエビ祭り

スポンサーリンク

2015年3月1日の鉄腕ダッシュで出てた富来漁港に友人がいて、受けられる恩恵がかなりヤバい。贅沢しながら夕食が今月7000円浮きました。

TVでも長瀬君がシマエビもらってたけど、私は大体鮮度のいい甘エビをもらってます!

というのも、12月~友人が漁師になりました。彼は職業訓練で一緒にワードエクセルを学んでいた隣の席の男性。
なぜ、そうなったかわからないですが、、ハードワークの中でも食べ物がおいしくて幸せそう。
その幸せのおすそ分けで、私にもちょいちょい声をかけてもらえます。
超、ラッキー!!!!

いただける時は不定期で、不意にLINEに

「エビ、いらないですか?」
とはいってくるので、行ける時は興奮して車で40分かけて取りに行ってます。近くはないですが、こんな贅沢なかなかできないのでできるだけ取りに行きます。
疲れ切った漁師に差し入れるもの、何がいいか聞くと、
「米が欲しいです」
と大体言われます。実家の米を袋に詰めてもってゆきます。 物々交換です。

きたぁ~!エビ!

穴谷醤油(富山の甘口醤油で刺身にすごく合う)で大体生でいただきます。卵も数と、深海の塩分濃度が濃い塩気が残っていてすごくおいしい。
止まらなくなります。
これを2人で3皿位いただきます。 でも全然減らない。

次の日は飽きないよう甘エビ味噌汁、エビの殻アヒージョ、甘エビとアボガドのカナッペ、素揚げでいただきます。

因みに買えばこんな感じ。

先日はこれいただきました。

バイ貝。
テンションあがりますよね。大好きです。
だがしかし、これ、家に帰ってバケツに入れると…

こんな状態。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
でもバイ貝好きな私はめげません。生命力強いバイ貝を何度か水変えて真水に入れておき、次の日休みだったので、休日ずっとバイ貝をこれで

砕いていました。なんせバケツ1杯分。隣の人に不思議な顔で見られても、私は動じません。
刺身、バイ貝のアヒージョ、バター炒め、酒蒸しで。
それでもまだまだあったので、2つくらいに分けて冷凍保存。

おいしいものは、手間がかかりますね。
でも、海保の海さんがいつ転勤になるかわからないので、呼んでもらえるうちはいろいろな海の幸堪能しようと思っています!こんなに好きなだけ食べられることはない( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
海の幸が美味い今、友達が漁師で超ラッキー!!
次はバイ貝の炊き込みご飯をしてやろうと思ってます。

※ちなみにもらっているのは、“ぞうもん”といって、形や大きさが売り物にならないので自分たちで食べてねというものをもらっています。わかりやすく言うとわけあり商品。貰うほうはなにがダメかかまったく解らない程いいものなんですが、漁師って贅沢ですね。ああ、よだれ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから



お知らせコーナー

プロフィール

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。
FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です