「あたりたくない!でも食べたい!」魚屋さんに教えてもらった生牡蠣の下処理

飲めないので一斗缶買いはひかえたものの、やっぱ食べたい。
能登牡蠣。
燻製したり、見つけたら生牡蠣を買ったり、コースに牡蠣を入れてもらったりと牡蠣たべまくってます。
この前いきつけの魚屋さんで生牡蠣を買ったとき、
「ちゃんと処理してたべないかんよ!」
と言われ、生牡蠣に処理が必要なことを知りました。
…買って水洗いしてポン酢でたべよったで…
ということで、生牡蠣の食べ方を記しておきます。
①塩でもむ
ボウルに入れた牡蠣に塩をいれ、さっと混ぜます。
汚れがでてきたら、塩味がうつらないうちに水で洗い流します。
※大根おろしでも可
②水洗いし、水気をとる
③牡蠣を酢で〆る
牡蠣の中に酢を入れます。
これでいいそうです。
あー、これで、生ものパーリィが楽しく安全なものに!
あとはポン酢でいただきました♪

魚屋さん、こういうのも教えてくれるき好きー!

ほんま七尾はお魚天国!
早く日本酒解禁したいです笑

【能登在住坂本の、超おススメ商品!】

●かわいい色と実力で女性に大人気!!

●贈り物によく買う飲みやすい白ワインはコチラです

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

スポンサーリンク

【更新情報のチェックはこちらから】


【さかもとみき】

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)
18歳で脱藩。京都、金沢、富山高岡からの能登半島住。
転勤族で、北陸か高知に大体おります。一児の母。
元肉食系広告代理店勤務。旅館ではオールサポートという何でも屋。
プロフィール

マーケティングやお店のPRに関してのアドバイスが得意。
…なんですが恋愛相談ばかりされるので、恋愛相談室はじめました。

→【さかもとみき相談部屋(BASE)
「恋したいけど自信がない」「元カレが忘れられない」「結婚したいけど…」
相談のってます。

そんなわたしがほしいもの→【坂本のAmazon欲しいものリスト】


【CONTACT】

寄稿、ライティング、インタビュー(人となりをわかりやすく記事にします)
仕事ください!

ご連絡は、
thelittleprince516@gmail.com
②LINE@
QRは↓
友だち追加
③FBやTwitterからのメッセージからどうぞ。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください