アラサーになってから、歳の差不倫カップルを見て思うこと。

スポンサーリンク

かつてはその娘とおんなじ様な恋愛市場にいたのに、数年後、かわいた嫌悪感しか抱かなくなるのはなぜだろう。

歳の差恋愛反対?!いやいや、最高で13歳年上の人と付き合ってました、坂本です。

最近、

「あ~、もう、これは、アレだな…」

というカップルに会い、そつなく接していましたが、すっごい、

「どういう顔したらいいのか解らん…」

という気分に久し振りになりました。

奔放で、我が強く、きっと自分のことを他と違うという意識を持っているであろう女性と、紳士っぽい優しそうなカップル。

書いてて思いました。同族嫌悪かな?笑(今は全然ですが、学生時代は尖ってたので)

はたまた、若さに対する嫉妬かな?

どうなんでしょうか…

ぐっと年上の男性に若い女性が付き合って得られるもの(メリット)

●良いものを背伸びして知れる

⇒お酒、食事、宿、仕事、哲学、小説、音楽などなど

私は学生の就活の頃、大手冷凍食品会社の課長(バツイチ)と付き合ってたので、就活の話など聞けて有益でした。

●投資してもらえる

⇒好きなものを買ってくれたり、好きなモノを食べさせてくれたり、とにかくなんでもほしい女王様シーズンの女性にはこれ以上のメリットはありません。

●セックスが上手い(一部変態、例外は除く)

⇒経験値が違うので、仕方ない。

●大人と付き合っている自分って大人という幻の様なステータス

⇒私は他の人とは違うという謎で、視野の狭い中での自信が手に入ります。

私は車ももってて、旅行もつれてってくれるし、ご飯は全おごりな紳士の大人と付き合ってるのよ、的な。

●女王様扱い

⇒高飛車で、女友達も少ないような子が、もっともされたい扱い型を、おっさん方は心得てます。

常に満たされない、そもその実態のないようなアイデンティティを大事にしているような女の子が、その得体のしれない満たされたい願望を実足してくれるのは同世代男児ではありません。

ぐっと年下の女性に、年上の男性が付き合って得られるもの

●若くて、肌のキレイな女性の肉体支配感

●若くてきれいな女性の貴重時間

●まだまだ俺も、イケる!感

うん。

なんで、引いてしまうのか

そんなワケで、書き出してみると、女性側にもメリットが結構あります。


若さという価値と、お金や知識などの対価が釣り合っているようにも見えますね。

アラサーになって急に嫌悪感を覚えるのは、社会に出て、上司や自分の父親、彼らがそういう選択をしたら…

想像力が昔より発達したからかもしれません。

要は視野が広くなったということ。

学生時代の頃は「○○な自分」ばっかりに視点が定まりがちでした。

寧ろ、金銭的、経験値的な理由で、歳の差恋愛肯定派でしたが、

冷静に今、仕事さぼって時間を作って10以上年下の学生に会いに行ったり、

ディズニーのホテルまで予約しちゃったりするのが

自分とこの部長やら課長やったらドン引きですもん。

まあ、そういうことなんやろうなと思いました。

正直、経験としてはいいし、実際満たされるのが10も20も年上で、それを自分で解っている、それがいー!それがないと無理ー!な人もいるし、

不倫とかじゃなくて、価値観が合うカップルもいるので一概にうわっとは思えませんが、

火遊び感丸出しで周りが見えない行動をしている歳の差カップルを見ると、心が渇いて、チベットスナギツネになってしまいます。

二人きりではご自由に、外では、お察しください。






最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です