夫婦のセックスレスはなぜ辛い?夫婦それぞれの原因、解消方法とは

この記事は、石川県のブロガーでラブライフアドバイザーのぽかべさんとのセックスレスコラボ記事です!!カップル向けのアドバイスはぽかべさんの記事となっています☆

セックスレス経験ゼロのぽかべが実践してる「レス予防」3つの習慣!

付き合って、そして結婚へ。

幸せな家庭の形を作って幸せでした。

めでたしめでたし。

……と、ならないのが人生ですよね。

20代では恋話さえしときゃよかったのに、

30歳を過ぎたくらいから結婚するしない、夫婦、子どもの問題…と悩みのデパート状態に!

いやー、ハッピーエンドどこ?マジで。

高校生くらいから微分積分とかより、人生がこんなにハードモードだってことを教えてもらいたかったです。

今回はそんな中でもちょっとタブーっぽいセックスレスの話をします。

スポンサーリンク

夫婦のセックスレスとは

セックスレスとは、特別な事情がないのに一ヶ月以上性行為がないカップル(夫婦)を指しています。

レスの期間は、海外では一ヶ月程ですが、日本では3~半年、1年以上ないのをレスというようです

日本では夫婦の約半数以上55%がレスと思っているようです。
ちなみにカップルは29%と約3割。

月平均3回以内~1回って出てるんだもん……そりゃレスも多いよね。
(参考サイト:ニッポンのセックス

また、長く付き合うとセックスレスになりやすいのだそう。

……そんなん、結婚したらレスになる人が増えるの確実じゃないですか!!!!

しかも夫婦によっては、妊娠、出産、子育てまである!!!

さらに、年齢を重ねるごとにレスの比率も上がるそうな……!!!!

さかもと
そりゃレスになるよ!そりゃなっちゃうよむしろ!!!

夫婦のセックスレスの原因と辛い理由

カップルですら3割がレスの時代です。

それが夫婦ともなればレスの原因は増えまくります。

むしろセックスレスになってない夫婦ってすごいなって思えるレベルですね。

セックスレスの原因一覧

●長い付き合い
●触れあいのない期間の発生
●多忙を極める子育て
●仕事のストレス
●相手への感情の変化
●マンネリ
●めんどくさい
●性欲の減少
●愛情がない
●自家発電の方がいい
●妊娠に対する不安
●ED

うん、わかる。

わかるよ。

理由はもう、めっちゃ出てくるし、致し方ないんだよね。

夫婦のセックスレスはなぜ辛い

理由は多々あるけど、夫婦のセックスレスの辛いところは、自分だけの問題じゃないこと。

自分はしたくないけど、相手はしたい。

もしくは、

自分はしたいけど、相手はしたくない。

という状況になること。

セックスレスハラスメントという言葉もありますよね。

夫婦間で自分の意思を通そうとすることはいやがらせになりかねないんです。

「ちょっと待ってほしい、今は無理」

が、極端に言えば

「セクハラだ!離婚だ」

になってしまうんですよね。夫婦だと。

では、これらのセックスレスはどうやって解消していけばいいのでしょうか。

セックスレスを解消し、離婚を回避するには

セックスレスの問題に向き合うには、やみくもに解消法を実践するだけでは難しいでしょう。

たとえば、セクシーな下着を買って着衣すれば問題が解決するなら、みんな悩んだりしていません。

そんな感じで、アプローチ方法によっては溝を更に深めてしまいかねないのです。

まずは、それぞれの夫婦が2つのことを考え、自分たちに合う方法を探ります。

即ち、夫婦での話し合いが必要なのです。

1.原因を明確にする

一般的な理由は上にあげた通りですが、その中でも自分たち夫婦のレスの原因はなんでしょうか。

●物理的な時間、接触のなさ
●気持ちの余裕のなさ
●ストレス・原因不明

など、何か足りない状態になっていませんか?

自分は足りていると思っていても、パートナーはどうでしょうか。

セックスとは、求める行為です。

求める、拒否する前に、相手を満たしているかどうか、自分が満たされた条件下にいるかどうかを考えてみてください。

2.改善方法を具体的にする

原因が解ったら、それを取り除くにはどうするかです。

たとえば、子育てによって

●物理的な時間、接触のなさ

が原因だとすれば、どうやって時間や心の余裕を持って向き合うかを考えます。

一週間の間だったら、余裕を持ちやすいのは休日前か、休日なのか、平日なのか。

当たりをつけたら、この日だけは夫婦でDVDを見てみよう、子どもが寝た後一杯やろうというステップを作ってみてください。

もちろん自然になんとかなる夫婦もいるかもしれません。

が、待っていても問題はなかなか解決しません。

受け身ではなく、考えて実行してみましょう。

妻が実践できるセックスレス対策とは?

以前読んだ漫画で、セックスレスの原因が、妻が壁に貼っていた生理用ナプキンを夫が発見したことでした。

女子的には女子うっかりなんですが、男性的には見せてほしくない一面を見せられたトラウマとして残ってしまいます。

ここでは、妻が夫に対して女の部分をつくるための対策をまとめました。

●目の前で着替えない
●一緒にお風呂に入らない
●マタニティ下着をいつまでも利用しない
●体型維持を諦めない
●軽いスキンシップを増やす
●子ども以外の会話や関わり合いを持つ
●夫と身体の一部が触れた状態で寝る
●夫のコンディションに気を遣う
●ストレッチを一緒にやる

などなどです。

さかもと
もし上記のほかに実践して効果があったものがあればこっそり教えてください。
追記します。

がんばっている夫をいい距離で支え、余裕をつくること

まあ、難しいですよね。

なので、事前の話し合いで原因と対策を絞ることがいかに重要かわかると思います。

男性にその気がない場合は、ちょっとストレートに言葉で伝えたり、話し合いを持ってみましょう。

子育て中の家庭業という激務の中、妻が察してちゃんだと、永遠に察してもらえません。

夫ができるセックスレス改善方法

イクメンが増えている昨今、妻が求める様に、仕事から帰って必死で家事育児してたら……。

寝ちゃいますよね。

ちなみにうちの旦那なんか、子どもよりも先に寝ます。

そんな頑張る現代のお父さんだからこそ、コンディションを整えることが大切になってきます。

では、どんな方法があればいいでしょうか。

●子ども以外の会話や関わり合いを持つ
●妻の肩をもむ
●妻を褒める
●妻の女度を上げるために協力する(ネイル・美容室)
●手を繋ぐ、ハグをする(エロくないスキンシップを増やす)
●必要があればきちんと避妊する

がんばりすぎなお父さんたちと書きましたが、母親業でお母さんたちも余裕やゆとりがなく、女子力をあげるには特に金銭的余裕と時間的余裕がありません。

子育て中は特に、子どもにお金がかかるので、買いたくても下着や化粧品、服などを節約したり、買い変えてないお母さんもいます。

女を楽しむ余裕

そこを、満たしてあげないと、妻の女子力はなかなか戻ってきません

そのまま、ありのままでいいと思うかもしれませんが、それは夫側の意見です。

妻として、女として向き合いたいと思った時、ボロボロで必死で育児していたらそっちのスイッチなんてなかなか入りません。

やみくもに、助けろ、お金を出せじゃなく、妻が求めていること、どうすれば余裕がでるかをくんであげてください

夫婦で話合い、余裕をつくる

セックスレスだからとやみくもに、お色気作戦を実行しても、夫婦によっては溝が深まってしまいます。

夫婦でのセックスレス、原因は、実は結構明確です。

問題は、それに対する対策。

たとえば、仕事など家庭外の要因が原因なら、妻にできることは少ないでしょう。

転職の話をするくらいしか方法はありません。

しかし、家庭内で起こってることが原因なら、向き合い方ややり方次第で改善できる可能性はあります。

問題の大半は、自分主体で考えて相手の気持ちを汲んでいないことです。

相手がどうしたら歩み寄ってくれるか、自分がどう変わるかを考え、話し合いを持ってください。

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください