結婚半年、両親に娘が出戻らないか心配される

スポンサーリンク
去年の11月に結婚して半年。
結婚前に挨拶にいちょった従兄弟のおばちゃんから電話をもらいました。
おば「昨日味噌を作りに佐川いちょったがやけど、お母さんらぁにあんたのこときいても、『知らん』『わからん』ながやもん」
親よ、私は一人娘やよね?
とおもいながら会話してました。
因みに最近LINEデビューした父からの初LINEが、これです。
その後なにもなし。意味不明…
おば「あんたのこと、なんちゃーしらんけど、『もんてこんでね?』って旦那が我慢してくれるかばっかり心配しよったで」
…んもー!
親ちそんな心配ばっかりするもんねー。
大丈夫よ…
と思うた瞬間、旦那のあるセリフを思い出しました。
旦那「みきは、自分がしたら〇〇のせいっ!って笑い飛ばすけど、俺がしたら、怒るよね…」
ヤバい。
これは長年私が母にぶーたれてきた台詞まんまや…
旦那に優しくしようと誓った休日でした。
離婚も、今や三組に一組がする時代…てことはざっくばらんに言うと、
30%位の確率で、出戻る…
高い…意外と、高い…
(しかも高知なんてそれ以上に離婚率高いき他人事やないろうな)
まぁ、旦那は新潟県民で離婚率低いし、正しいけど優しくて忍耐強いき、甘えすぎんよう暮らしていきますっ!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です