【恋愛】既婚と独身の差って、塾くか行かないか位の差。

結婚したら、特に生活は変わらないですが、女友達と話が合わない部分ができました。

それはマウンティングと言われる女性の「私が上よ」意識のせいではないと思うのですが、

上手く説明できずに「これは、なんながやろう…」と思ってました。

そう、多分ね、私もそう相手に感じさせたことあると思う。

でも、そういうマウンティング的なことをしたいわけじゃない…。

違うがって!

その説明がしたかったので考えてみました。

スポンサーリンク

「結婚」はゴールにあらず、あくまで手段

「受験」するなら「塾」いく!

とおんなじ感じで、

「子供」「家庭」ほしいなら「結婚する」!

みたいな感じ。

「結婚」てゴールみたいな感じになっちゅうけど、目的のための手段てことを忘れちゅう人が多いと思う。

実際結婚したけど、同棲時代とそんなに変わりません。

結婚前は、

「結婚もしてないのに、お弁当とか休日ご飯作り置きとかできん、飯炊き女じゃないもん」

とか思うてましたが、結婚したらしたで、

「うん、まあ、共働きやしね!」

って感じで作ってません。

「結婚したら変わる!」と自分が思ってた以上に、変わりません。

うん、変われませんでした。

何故誤解が生まれたか=「結婚」は商売になる

ブライダルという市場はとてもお金になります。

専属雑誌が出来て、売れるし、専門チャペルや式場が出来て、

そのきらびやかな大層なモノが維持できるくらい単価の高い商品=「結婚式」が浸透し、利用する人がいる。

親の世代は公民館や神社でしていた「結婚式」というものが…この30年位で、

新しくキラキラとパッケージ化された「結婚式」という商品にバージョンアップされました。

「結婚」=「幸せ」

のブランディング化が進み、

「結婚式、結婚」すること=「幸せ」

みたいな空気があり、社会にでて疲れてきた頃特にそのキラキラはやたらと素敵に見えます。

「誓いの場」(親族、家族向け)⇒「お披露目会」「親族家族、新郎新婦」⇒「パーティー」(新郎新婦メイン)

契約、家族生活の門出がまるでキラキラしたステータスの様になりました。

実際に素敵な門出だし、式自体も家族や自分たちのけじめにすることなので、それをしたから上手くいってる夫婦もたくさんいるとはおもいます。

でも逆に「結婚」が目的になっているひともいて、「結婚」自体の意味を考えることができてなかったり、その後の生活への意識が薄くなっている人も増えている。

まるで、マラソンをするときに一張羅のウェア&シューズを買ってスタートラインに立っているみたい。

高い機能的なシューズを買って、「東京マラソンに出るの」と自慢しているような。

「練習は?」

ときかれたら、「なんとかなるっしょ!」と。

なんとかなるカップルも実際いるでしょう。 


でも、同じように何ともならない人もおる。

1/3が10~20キロ地点でリタイアしていく、みたいな感じ。

もちろん、練習不足だけでなく、足の怪我やトラブルもあってリタイヤすることもあるし、

練習に練習を重ねた人がリタイヤする場合もあるから、一概に離婚がそんな理由ではないのは解るけど、

20代を駆け抜けてきて、周りを見ていて思うリアルな実感がコレです。

受験日が決まっている様に、女性には「子供」に関して期限がある

〇「子供が3人欲しい」⇒やや早めに対策要

〇「一人でいい」⇒本気になったらできそう

〇「子供はいらん」⇒好きなタイミングですればいい

が、

〇「中学から私立」⇒早めから入塾おすすめ

〇「大学からがんばる」⇒狙い定めて詰めていけばいい

〇「受験せんけど、勉強はしたい」⇒好きなタイミングですればいい

みたいな感じ。

「塾」って、受験するとか、ある程度目的がある人が行く場所であって、

勉強べつに~他の事楽しいし、サッカーしゆうし、とか、ダンスしゆうしとかなら多分その方が楽しいと思う。

実際本気でそう思う。

だから、「仕事が楽しい」って思うのも本当やと思うし、出張とかバリバリいきよったり、留学したりしゆ女友達はうらやましいと思う。

アーティストや作家なら尚更、「一人の方が時間も使えて動きやすい」っていうのも、強がりでもなんでもなく、ただの本音でしかない。

そんな人にマウンティングすることは無意味やし、そういうものがあってうらやましいと思う。

私が友人に結婚や相手探しをせかしたり、するのは、

その子が「子供が欲しい」「結婚したい」と言いゆう場合が多い。

私は「結婚」=「幸せ」なんて思ってない。

じゃあなんで口出すのか⇓

友人が「結婚」・「受験」したいと言っているが、現実的でない時。

結婚パターンでいうと、

〇「結婚」という契約のスタートに関して「仕事」が忙しくてあんまり考えれてない

〇効率的な考えが出来てない場合(条件を減らす気がないなど) 

〇消耗する恋愛をしゆうなと感じる時

塾パターンでいうと、

〇他に習いごとしながらでどこ受験するか決まってない

〇学力にあった志望校絞りが出来てない

〇効率の悪い勉強の仕方を変えない場合

という感じ。

そしてゴール後の結果も、同じ感じ。

結婚しても「思ってた」幸せにはならないかもしれないし、

塾行って受験合格して進学しても「挫折」もある。

とまあ御託を並べてきたのですが、

言われる方からすれば、マウンティングもおせっかいもそう変わらないのかも。

「勉強しろよ」「結婚しろよ」「ちゃんと考えろよ」

うっせーよ!!!的な。

あると思います。

ただ、「むかつく」とその時思っても、マウンティングしてくる子とは縁が切れるかもしれないですが、

おせっかいなら少し冷静になった時、「ふーん」くらいで戻ってきてくれます。

他人と比べる事でしか自分の幸せを実感できないマウンティング女も実際いるので、

カチンときたら、冷静に三歩位引いてマウンティングされていると感じるなら
「よかったねー幸せなんだねー」
と同じ土俵からさっさとおりて、のろけさせるか話題を変えてしまいましょう!
塾いくのが絶対偉いわけじゃないように、結婚が絶対幸せなわけでもない。

自分がどうしたら生きやすいかを持っていたら、どうしたって幸せです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください