高知から嫁に県外にでておもうこと

家族が上手くかみ合う時と、
水と油みたいに弾き合う時がある。
今は噛み合わない時。
しかも離れているので、
一人一人の話をパズルを当てはめるみたいに聞いていく。
私は実家に電話をする時、八割、怒っている。
みんな自由で、みんないい。
普段は楽やけど、同じゴールを擦り合わせようとした時に全く、噛み合わない。
たまに助けて欲しい時や、思いやりが欲しい時に、個々が、爆走しているので話が通じなくなっている。
事前告知とか御構い無し。
私一人なら、慣れちゅうし怒って飲んでいいちらかしておわれるけど、
他の家族の一部になった今、
うちの家族は無関係な人をまきこんでぶんぶん回る。
こういう時、実家家族の、
「なんとかなるろう」精神を、ぶん殴りたくなる。

しゃーないとは思うけど、
自分以外は全員自分じゃないきっていいきかすけど、
ほんまに腹が立つ。

家族という船の船頭は、遠隔操作じゃ無理がある。

こういう時、旦那や旦那の家族の静かな普通があってほっとする。
外に出てよかった、私の今の居場所がここでつくれてよかったと思う。
怒りゆ私の電話の向こうで親がしゆことは、飲み会の準備。
さすが、高知。
色々諦めた方が楽やけど、諦めちゅうけど、他人になれんきはがゆい。

能登の優しい春の色に癒される。

地元は好きやけど、嫁に出て、
怒りを逃がせる、今好きな場所ももっちゅうことにほっとする。
高知から出て知ったのは、私は怒るのが好きではないということ。
怒るのは、疲れるということ。
居場所は、実家以外にもつくれるということ。
ふぅ。
もうすぐ30歳。
色んなことをいい意味で諦めるのが上手くなった気がする。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

スポンサーリンク

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です