【坂本、旅館で働く26】一年経っても、毎日、旅館で働いていてよかったと思ってしまう理由とは…

スポンサーリンク
曇りばかりの景色の冬を乗り切ったら…

最高の春から初夏のにおいが香ってきました。

春の花々が、新緑が…

ああ、生き物として心が喜ぶ感じがします。

今日の夕日もすごかったなぁ…

どんなことがあっても、どんな時も全てをリセットしてしまう景色

お客さまの心に残る景色を一緒に見ながら働ける職場。

毎日景色が変わります。

時間によって、海の表情が変わります。

煮詰まって、くたびれても、

大きな窓の向こうを眺めるだけで、

職場の仲間や女将さんたちと共有することで、

心が洗われます。

すごくシンプル。

人の心に残る景色を、ロビーを横切る度に見ることができる。

一年働いているけれど、飽きません。

毎日、

「今日の夕陽はどうだろう」

「神が降りてきそう!」

「珍しく荒れちゅう!」

と外を見るのが楽しみです。

最近は外でお弁当を食べているので、この前までは、桜吹雪の前で、

最近は新緑眩しい旅館の庭で

リフレッシュしています。

幸せやなぁ…

毎日奇想天外な予想が出来ないことが沢山おこる旅館勤務。

GWの大波を超えて、今日の夕陽を見てやっぱり心が洗われました。

今までも提案したり、見せたり、作っていく仕事をしてきましたが、

PRしたり、満足度を上げる仕事でも、

自分の旅館を愛してくれるお客様、リピーターに向けて頭を使う仕事っていうのは、

沢山のお店や、ジャンル幅広く手広くやるのと違って、一つを突き詰めていく作業で面白いです。

好きな場所にいられる間は、求められるものはできるだけ形にして行きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です