立ち会い出産拒否から、実際産んで、立ち会ってほしいと思うようになった

スポンサーリンク

立ち合い出産、

「別に」

派でした。

で、産んでみました。

【参照記事】↓

深夜1時に出産し、翌朝8時ごろ旦那が来てくれて赤ちゃんと対面。

今まで子どもを怖がって抱いたりあまりしなかったのに、こわごわ抱いてくれたり、

おむつ変えてくれたり、しっかり父性も持ちながら接してくれて、

凄く頼りになりました。

なぜ立ち合い出産賛成派になったのか

痛いからです。

立ち合い出産って、

「こんなに痛い思いして産んでいるので父親として自覚して、しっかりしてね」

の夫婦コミュニケーションのためのアクションだと私は思ってました。

だからうちの旦那は大丈夫やろうな~と思うちょったし、

のたうちまわったり、もしかしたら脱糞する様子を見られるのイヤやし、

立ち合い出産とかせんでいいわと思ってました。

が、

想像以上に、痛かった。

痛さで心細くなるなんて、30なって出産するまで知らなかったです。

一人で耐えれん痛さ。

すがりつきたい痛さ。

部屋で陣痛に耐えながら看護師さんが

「どうしました~?」

来てくれた時の心強さと、

部屋から、

「まだですね~」

とおいていかれるときの絶望っていうのはなかった…

「一人にしないで!」

と思いました。

結局、当時喧嘩していた母を召喚したほど、痛かった。

そんなわけで、

もう一度産むときは、

痛くて怖いき一緒におってほしいです。

まあ、里帰りする場合、時間とかタイミング的に難しいので、できたらでいいですが、

自分の価値観が変わったのにはびっくりしました。

出産っておもしろい体験やなぁ。

知らない自分にどんどん会える楽しみがある。

痛いけどね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。








スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です