【こそだて日記】「ねえ、ちょっと疲れた」SOSは潰れる前に出すことにした

こどもの首も座って、気づくと100日過ぎていた。

社会人になって、ほとんどずっと働いてきたわたしにはとても長い会社から離れる体験。

出産、こそだて。

ふんわりわかっていたつもりだった、

「大変」

を実感する。

スポンサーリンク

こそだて専業主婦、ナメてました

こどもなし無職期間はすごくヒマで、梅酒や味噌をつくったりと時間がいっぱいあったけど、

こどもが来ると、ビビるほど時間がなくて、やりたいことはもちろん、家事も満足にできない時もある。

したいことを自分のペースでできない。

中断中断…ストレスが溜まる。

夕方には黄昏泣きが始まり、抱かないと、時々抱いても泣いている。

こどもの泣き声っていうのは、結構HPを削られる。

女も、やらなきゃ

産後体重がまだ5キロ戻ってなくて、

ランニングや水泳行く予定やったけど、

想像以上に骨盤がたがたでとてもとても…

時間的にも、こどもをおいていけるわけでもないし、とてもとても…

産む前みたいな自分都合のダイエットができず、

食生活もしっかりとらないと母乳が減るのが体感してわかる。

なんとかマタニティじゃない服がはいるようになったけど、

足は、毎日メディキュット履いて寝ても、

「え?パンプアップしてる?」

みたいなボリュームやし、お腹のお肉は息子を受け止めるクッションとして定着中。

旦那に肉をつままれる度にどうにかしなきゃと…

ストレスだけ溜まって、ノンアル&偏りごはんの悪いループ…

「ちょっと疲れた」

自分のよくないストレスのたまり方をしているのに気付いたので、今回は早めに言いました。

旦那の2連休に、一緒にでかけてもらったり、一人で温泉いかせてもらったり、

(車で15分で440円で入れる温泉がある七尾、最高)

昼寝も一緒にしてもらったり(置けない&細切れに起きる)

「旦那よ、すまんな」

と思いながらちょっと休ませてもらいました。

結果、かなりすっきりしたし、息子を見ると、二日前よりずっと愛おしく思えるし、

中断してしまうことにもストレスを強く感じないようになったし、

息子はなんにもわるくないもんなーと思えるようになりました。

多分、この波は、何度も来る

こそだてをしていて、しんどい波はきっと何回も来る。

こどもができてから、

母親が言う嫌いだったセリフを同じように叫びそうになる自分に出会い、びっくりします。

「なんにもできん」

「ちょっと休ませて」

「なんでわたしばっかり」

違うろうってずっと思ってきたのに、おんなじことを思いゆう。

息子にはそう思われないように、感情と上手に付き合っていきたいと思います。

とりあえず、思い通りにできる人生は、一回終わったと思おう。

でも、自分一人じゃ見えんかった世界を体験させてもらいゆう。

色んな波が何度もくるとおもいますが、

家族という単位の船の上で、うまく立ち回っていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です