【こそだて日記】はじめての保育園

前日にお昼寝用布団を買いに走り、

夜に息子の持ち物に名前を書いていく。

「ああ、お母さんみたい」

そんなことを考えながら、息子に話しかける。

「ちょっと離れるけど、君にも新しい体験にもなるし、

楽しそうなところだから大丈夫よー」

自分に話しかけるような内容を抱きながら伝える。

境内に車を入れ、大きな木々のその奥にある保育園。

わたしの緊張が伝わるのか、不安そうな顔を少しする息子。

園内に入ると、園児の大きな声や、楽器の音が耳に飛び込んできた。

「うわあああああ」

とびっくりしたような声を上げる息子にわたしも少し驚き、

乳児室へゆっくり歩いていく。

先生に息子を渡す。

「あら、笑ってくれた!もう寝そうね」

みんな泣いて困ると言ってたのに、すんなりお別れ。

「では、1時に来ますね!」

病院で用事を済まし、カフェでラテとドーナツを買い、雑誌を2冊読んだ。

まだ、時間がある…

あずける前は、「さびしい」「離れるのか」「可哀想かな」なんて思う気持ちもあったが、

本来わたしは一人が大好きじゃないか。

それすら忘れるなんて、以前のわたしから本当に遠いところまで来たんだなと思った。

1時に迎えに行ったら、

「あんた誰?」

みたいな顔で息子に見られた。

抱きしめると、保育園の匂いがした。

不思議な体験をしたみたいに、帰りの車で息子は、

「フーアー、アアー」

と一人でしゃべっていた。

哺乳瓶でギャン泣きしたらしいけど、

それ以外はあんまり辛そうじゃなくてよかった。

一緒に、新しいことにも慣れていこう。

そしてわたしは、少し、わたしに戻ろう。

戻ってきた息子を遠く感じる。

あやしていると、また近くなるのを感じる。

人はずっと一緒じゃなくて、近くなったり、遠くなったりしながら付き合っていく。

先生や旦那に頼りながら、

そうやって育てていこうと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

スポンサーリンク

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。

頂けたらほかのブロガーさんに還元していきます!↓

坂本の欲しいものリスト


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です