【漫画】静かに響く音のようなやさしい漫画「ぼのぼの」

小学校のころ、漫画がわたしに見せる世界は衝撃的だった。

ピアノ教室に通っていたけど、ピアノが下手で、努力も嫌いだった私は、

ピアノの先生の家にある幽遊白書とぼのぼのと、花のあすか組を繰り返し借りて読んでいた。

そういう思い出のある一冊。

20年以上前に読んでいた漫画の新作が、30歳になって読めるというのは、贅沢だ。

例えるなら…

スポンサーリンク

ちょっと特別で、やさしくていつも変わらない、屋台のカステラ

 内容

おかあさんはクジラに乗ってやってきた それは まだボクが生まれていない頃のお話だ おとうさんはおかあさんと出会ったんだ

感想:★★★★★

これは、ぼのぼのファンには気になる一冊。

なんと、ぼのぼののお母さんについて書いてあります。

そういえば、お母さん出てこないのに、不思議におもったことなかったな…

いつもはけっこうシュールさのツボな場面があって、面白くて好きな漫画なんですが、

今回はじーんとくる。

色々考えてしまう一冊です。

わたしは、なんでも割り切ろう割り切ろうとして進むタイプですが、

「死」は割り切れない。

考えても考えても行きつかないので、考えるのを辞めてしまう事柄の一つです。

悲しみの心っていうのは、事実をいくら受け入れようとしても、

利害を考えても、時間がたってもなかなか癒えない。

忘れようとすると、じんわり体の中にとじこもるけど、決してなくなってない厄介な感情です。

そういうのが苦手なので、普段考えないようにしています。

でも今回これを読んで、わたしの中の悲しさや辛さが、ポコポコと顔を出しました。

何度思い出しても、思い返しても浮かんでくるのは後悔。

後悔をしないように、今を生きなければ。

人生は自由だけど、やり直しがきかないし、

会えなくなった人には、もう、会えない。

人を大事にするのは、いろんな人との別れや、

後悔からだなーとぼんやり思いました。

なんとなく、こんな寒い冬の読書におススメです。

特に脈絡ないので、1巻からじゃなくても読めるのでおススメ★

合わせてこちらもどうぞ~

【おススメ】タブレットで読もう!場所をとらないKindle本!

●端末

●アプリ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

【更新情報のチェックはこちらから】



【さかもとみき】

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩。京都、金沢、富山高岡からの能登半島住。

転勤族で、北陸か高知に大体おります。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務。旅館ではオールサポートという何でも屋。

プロフィール

マーケティングやお店のPRに関してのアドバイスが得意。

…なんですが恋愛相談ばかりされるので、恋愛相談室はじめました。

→【さかもとみき相談部屋(BASE)

「恋したいけど自信がない」「元カレが忘れられない」「結婚したいけど…」

相談のってます。

そんなわたしがほしいもの→【坂本のAmazon欲しいものリスト


【CONTACT】

寄稿、ライティング、インタビュー(人となりをわかりやすく記事にします)

仕事ください!

ご連絡は、

thelittleprince516@gmail.com

②LINE@

QRは↓


友だち追加


③FBやTwitterからのメッセージからどうぞ。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です