アラサーの恋人選びが難しいのは「好き」だけの指標じゃなく「結婚の可能性」が混ざるから

「つきあうって、何やろ…」

三十路で既婚子持ちにもなって何を言っているんだ君は?

と、私も思ってます。



先日、恋愛相談にのっていて、



「会えなかったら付き合う意味とかありますか?」



と言われて、

「付き合う意味か~」

と考えてしまいました。


そもそも、付き合うって??

即答できない自分がいました。


スポンサーリンク

結婚は契約、付き合うってなに?



10代のころは、ドキドキする異性との特別な関係。
20代にもなるとステータスやアクセサリの一つとしての関係。
30代がちかづくと…「こいつと結婚するかも」な関係。






はしょっていえば、結婚にむけて、



自分が唾をつけた人なんじゃないか



付き合うって甘い響きから一気にしょっぱいものになりましたね。



確かに、10代、20代前半は甘かったはず、でも、

20代後半に入ると、



「結婚相手候補」



になる人がほとんどだと思うので、

「唾をつける」という身もふたもない表現は意外と的を得ていると思う。


だから30歳以上の恋人選びは難しい


「好き」だったから付き合っていたのが、

「結婚したい」から「好き」かわからんけど、
今後これ以上の条件がでてくるかわからんき、
「とりあえずお願いします!」枠
が出てくる。

変わらず、「好き」だけで選べて、

「結婚、出産」に焦らない人だと恋人選びはさほど難しくないと思います。

お金も余裕も、経験もある年代なので。

※そしてこの↑思考は圧倒的に男性に多い

「結婚・出産」が目的やけど、
好きな人を探そうとする人たちが、キツイ。

結婚ラッシュ、親からの苦言、友人の心配、出産のリミット…

でも、仕事がノッてきて、遊びも満喫!いまのままでいいっちゃいい…

「正直、出会いないし、

今までスカ振りばっかりしてきた恋愛になんて割く時間がない

(でも正直、なんとかしたいって気持ちもある)」

紹介されても、ピンとこんし、

いいなと思う人は職が不安定やったり、

バツイチ、子持ち、既婚…

「うーん…」と思いながら簡単に3年くらい経ちます。

縁があれば付き合ってみたらいいと思う

所詮、唾つけるだけです。

付き合うとか。

なので気軽に付き合ってみたらいいと思います。

その中で運命の出会いがあったら、

別れてその人と付き合えばいいだけのことやし。

そういう風に選んで幸せになっている人たくさんみました。

期待値が高くないまま結婚したら、加点が多くて幸せになれますよ!

ま、とりあえず、リハビリも兼ねて付き合ってみてから先のこと考えましょう!

veve(べべ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください