人生のもやもやに向き合う倫理とは「 ここは今から倫理です。」

いい漫画は紙で本棚に置いておきたい派、さかもとです。

今回紹介するのは新しくレギュラーとなった漫画。

スポンサーリンク

なんとなくの正解を知るために考える時間は意外と大切

<あらすじ>
生きていくために大切なことは、すべて「倫理」の授業に詰まっている。高校の倫理教師・高柳が悩める生徒たちを導く‼
──人の心は難しい、それぞれに思いがあり、悩みがある。人の心を考える「倫理」を教える教師・高柳は自分が教えるクラスの生徒たちが抱える「心の澱」に真摯に向かい合い、共に悩み考える…。教師の、人の在り方を描く教師物語!

感想:★★★★★

なんでもすぐわかった気になる現代に、立ち止まって寄り添ったり、考えたりする、一見無駄なような思考に向き合い、考える。

そんなことの重要さをいい感じに教えてくれる漫画です。

正直、すごくいい。

おもしろいし、すごくいい。

節目節目に何度か読み返したい、人生の足しになる感じの漫画です。

悩まない人はいないからみんなに響くと思う

こう対応したら、「早い」「楽」。

10代20代は色々ぶつかって試行錯誤するけど、その中でだんだん、いちいち考えず、効率よく回そうとして人は大人になっていきます。

だから、形式じみた対応をすればことなかれですすんでいく。

それで基本的にはいいんですよね。

でも、たまに、「ほんとにこれでいいのかな」と思うこと、ありませんか?

私は結構あるんですよね。

心の中の、心の矢印の違和感。

まあ、感じたところでそれとちゃんと向き合うことなんてほとんどなくて、やっぱり「正しさ」的な正論を振りかざして一番最短距離で片付けようとしてしまう。

でも、それってプログラムと同じようで無機質。

人っぽくないというか。

でも、人っぽいってちょっとあつくるしいし、空気読めない感じになるし、なんなら、恥ずかしいし、避けたい。

でも、さくさく割り切りすぎてもなんか違う。

そんなところにこの漫画が刺さりました。

「あぁ、ちゃんと納得するまで考えていいんだ」って。

倫理の授業なんて全く覚えていないけど、もう一度受けてみたくなったなー。

もう30歳なので、自分で学ぶのも楽しそう。

人間の抱えるめんどくささと向き合う学問なのかも。

読めば読むほど加速してハマっていくと思います!

1巻だけじゃなく、2巻もすごく好きでした。

これ、ドラマ化されそうだな~

早く3巻でないかな。

悩んだことがある全ての老若男女におすすめ

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください