「孤島の鬼」から再度ハマる!乱歩の世界

孤島の鬼

月に一冊、同じ本を読んでオトコとオンナでどう読み方が違うかを楽しむ書評コラボ。

本好き同士、毎月順番に一冊本を決めて一緒に読んで感想をシェアしているつぶあんさん(つぶログ書店)とのコラボです。

前回は私のチョイスで、「つみびと」を読みあいました。

※私の感想はネタバレありです。

【オンナノ本ノヨミカタ】

灼熱の夏に死にゆく2人の子どもとその母と祖母の人生「つみびと」山田詠美

【オトコノ本ノヨミカタ】

すべての大人たちのはざまで:山田詠美『つみびと』

スポンサーリンク

愛する恋人と友人の死から始まる冒険!白髪を招いた恐怖とハッピーエンド

<あらすじ>

私(蓑浦金之助)は会社の同僚木崎初代と熱烈な恋に陥った。彼女は捨てられた子で,先祖の系譜帳を持っていたが,先祖がどこの誰ともわからない。ある夜,初代は完全に戸締まりをした自宅で,何者かに心臓を刺されて殺された。その時,犯人は彼女の手提げ袋とチョコレートの缶とを持ち去った。恋人を奪われた私は,探偵趣味の友人,深山木幸吉に調査を依頼するが,何かをつかみかけたところで,深山木は衆人環視の中で刺し殺されてしまう……!

感想:★★★★

令和で読んでも、乱歩は乱歩だなぁ…。

読み終えた瞬間、次の本を買ってしまう、中毒性のある作家。

ミステリは専門じゃないのに、やっぱりおもしろすぎる。

見える景色が、本当に乱歩の世界で、最高。

ダークで気持ち悪い内容を引きこんで読ませる天才

起こることは結構衝撃的なのに、テンポよく話が進む。

チラ見せするというか、序盤にネタバレ要素を含むからわかってるのにワクワクしながら読んでしまう

恋人の密室殺人と消えたチョコレート箱。

探偵の友人が海辺で子どもと戯れながら予告時間に殺される。

怪しい友人と、探偵の残したヒント……。

割と無理やりな気もするが、「不可能」を「可能」にするお遊びが新鮮で面白い。

そして舞台は、謎の島……。

そこで起こる奇妙な出来事、絶対絶命のピンチ、下克上、からのまさかのハッピーエンド。

入り混じる恋愛感情と、奇妙な展開に翻弄されて、他にはない読後感を味わいました。

映像の戸川乱歩

長い間愛され、結構映像化をされている乱歩の世界。

私はこれもすごく好きでした。

松田龍平目当てでみたのですが、ちょっと龍平の肉付きがよくてがっかりしたけど、成宮君の美しさ、そして最後の浅野忠信のインパクト……。

久しぶりに見てもいいな~。

#シリーズ江戸川乱歩短編集がBSプレミアムで満島ひかりのナレーションでやっていましたがそれも、というかそれがめっちゃよかった。

DVDが見つからないので残念ですが、これまたみたいな~。

江戸川乱歩おすすめあれば教えてください

純文学党の私は、江戸川乱歩に明るくないのでもしおすすめあれば教えてください!

ちなみに今は、宮崎駿も大好きだという幽麗塔を読み始めました。

夏は終わりますが、乱歩にハマっていこうと思います。

オトコノホンノ読ミ方

新しい本も、昔の本も、名作との出会いがいっぱいです。

自分じゃ開かなかったページを、つぶあんさんとのコラボで見えるのは本当に楽しいな~

つぶあんさんの書評も毎回楽しみです!

つぶあんさんの感想はこちら↓

【コラボ書評】乱歩の世界観に酔いしれる『孤島の鬼』

次は何を選ぼうかな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
孤島の鬼

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください