320本の椿にうっとり!春の椿寺を散策してきた「大蓮寺」@小佐渡

引っ越した三月末は寒さがまだ残っていた佐渡。

すこしづつあったかくなってきたので、佐渡の花見に連れて行ってもらいました。

ざっくり言うと、佐渡の下の方。

小佐渡というらしいです。

そこに「椿寺」とよばれる大蓮寺というお寺があります。

スポンサーリンク

つばき寺「大蓮寺」

入口から椿あるな~と思いながら階段を上っていくと、多種多様な椿が魅了してくれます。

カメラ好きにはたまらない道です。

一眼レフを持ってき忘れたのを後悔しまくりました。

調べてみると境内には320種類もの椿が植えられているのだそう。

木の下には椿の名前が書かれているものも結構あり、知らない椿の名前とそのつやっぽさにやられました。

思わずインスタグラムに椿を連投。

こんだけ色んな顔をしてて同じ椿ってすごいな。

椿の種類は色々ありますね。ある園芸書には2200の園芸品種が収録されているそうです。

でも椿図鑑あったら欲しい。

と思ったんですが高い笑

でも、目次だけでも、なまえだけでも見てて楽しい。

古本屋で今後目を光らそうと思いました。

椿だけで満足して帰りましたが、500体もの羅漢の塑像がぎっしりと並んでいる『五百羅漢堂』もあるらしいです。

すごそうですが、来年も椿を見に行きたいな。

その後散歩でも椿をいっぱい見つけましたが、いろんな種類があってうっとりしてしまいます。

私が働いていた旅館もイメージの花が椿でよく「由来」を聞かれました。

私もなんでこんな椿ばかりの寺があるのかな~と思ったので調べてみると、住職さんのHPが出てきました。

佐渡の南部は暖かく山に椿の木が非常に多い。小さい頃から山の中で椿の木に上ったり、花の蜜を吸ったりして遊んできた私は、椿の花が大好きです。その大好きな椿(320種類)を境内に植えた。まだ小さな木もありますが、4月中旬頃が見頃です。大蓮寺も「椿寺」と呼ばれるようになり喜んでいます。
佐渡の私の町(羽茂)には、特に椿の木が多く、全国的に有名な「佐渡佗助」の原木などもあります。

大蓮寺住職HPより引用

めっちゃほっこりするエピソードですね!お寺は緩い坂になっており、椿に見とれているとすぐお寺につきます。

個々の花の存在感もすごいですが、もぶれつくようなバラのような椿の木も情熱的で圧巻でした。

…だんだん椿にハマっている気がする笑

佐渡に春がまた巡ってきたらまたいきます!

【お寺情報】

大蓮寺
住所⇒新潟県佐渡市羽茂本郷2075甲
行き方⇒県立羽茂高近く、羽茂共栄電気さんのあるT字路を曲がり、羽茂川を渡ったところで右折。
路線バス⇒佐和田BSより小木線乗車(約50分)羽茂本郷下車、徒歩約10分。小木より小木線乗車(約15分)羽茂本郷下車、徒歩約10分。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です