義実家に甘える私と持つだけで割れたコーヒーカップ

どうも、2~3日に1日は義実家に入り浸っている坂本です。

息子を解き放っては雑誌を読んだり、ポケモンしたり、自分の実家ばりにくつろいでます。

今日もイチゴ、小麦、タケノコ、ワラビ、淡路島の新玉ねぎ一箱、おいなりさん…

とすごい量の支援物資をいただきました。

見てくれるがまま、義実家に行ったときは色々とサボらせていただいてます。

スポンサーリンク

義実家との関係、どうですか?

最初は気を使ってたし、適度にお互いが心地いい距離があったのですが、息子が来て180度変わりました。

息子が色んな壁をぶち壊していきました。

息子への好意を受け取ると、大体セットで親もついてくる…

遠慮してたのが、息子を軸に甘えてしまうように。

義母「会えば会うほど、会いたくなる」

そんな感じで義母が、二人で煮詰まってお互い飽きた頃「どう?」言ってくれます。

車で30分ほどの距離なので、ほいほい行ってます。

おばあちゃん(息子のひばあちゃん)もいてかまってくれるので、遠慮なくいってます。

うちは転勤族なので、佐渡にいられるのは長くて3年位になるかもしれません。

それもあるので、義母や義父が会いたそうな時は行くようにしています。

破壊王、コーヒーカップを持っただけで割る

昨日もそんな感じでくつろがせてもらってました。

名物のあんこ餅をほおばりながらコーヒーをすする…

と、その時…

バッシャー!!!!!

と、コーヒーカップの取っ手が取れました。

え?

落としたりしてないんですが、割れました。

いやー、びっくりした。

因みに原因はカップがそろそろもろくなってたみたいです。

義母と爆笑しながら床を拭きました。

三十路に乗っても、破壊王、健在でした。

親や義両親との付き合い方はどうしていくか

冷や水じゃなく、冷めかけたコーヒーがかかっただけなんですけどびっくりしました。

お母さんとお母さんになった私

居心地はとてもいいし、上手に甘えながら、甘えてばっかりじゃなく、どう返そう。

最近読んでる本でも丁度両親との関係について、書いてありました。

こどもを持つと、親と同じ目線を持てる部分が出てくる。

こそだての戦友というか、先輩として関われる。

で、親も自分の時はいっぱいいっぱいだった分、孫はこどもを一呼吸置いてみることができるから楽しい。

孫が、来てうれしい、かえって嬉しいはそうなんだろうなとも思う。

そして、息子が近くにいるし、本当にもらう。

私ができることと言えば、やっぱり息子と旦那を大事にすることだと思う。

そして、義両親にも甘えながら、喜んでもらえることを探すこと。

うちみたいな転勤族の場合は特に、近くにいられる時間が貴重だから、いい時期として、孫のことを思い出すと振り返ることになる時間になると思う。

義両親の希望をたてつつ、愚妻なりに家族を支えて行かねばと思ったコーヒー香る出来事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です