帰宅難民初体験!ハワイから佐渡が遠くて笑った

一週間ほど、ハワイに行ってきました。

アメリカの島から、日本の島へ帰宅するのが恐ろしくハードでした。

ひっさしぶりの大雪で、東京からユナイテッド空港の飛行機が飛んでおらず、空港に行くと「ソーリー」と次の日のチケットを渡されてリリースされました。

日本語スタッフに

さかもと
ホテルやタクシーの保証は?

と聞くものの、「ないですぅう」と言われ、うなだれる他の日本人客と共にベンチで旦那と作戦会議。

カウンターでは東京行きは全部飛ばないと言われましたが、そのあとの羽田便とか、大阪便は飛んでたので、模索すれば別便で帰れたのかも…

どちらにせよ、その便でぎりぎり船にのれるかなという感じだったので当日帰宅は無理になってました。

さかもと
そして佐渡汽船も欠航やった

とりあえずホテル取って、ゆるーいハワイ時間を過ごしてドキドキしながら次の日の便で帰りました。

無事帰国して、トラブルあったねーと言いながら国内線の乗り場に行ってチケット発行し、荷物検査のとこに行くと、

「あ、新潟今日飛ばないんで、カウンターに行って手続きしてください」

と言われます。

さかもと
よみがえる悪夢

まさかの新潟便、欠航でした。

新幹線で帰るかも検討しましたが、格安旅客券とってて、払い戻し手続き超めんどそう&全額かえってくるかわからんので次の日の同じ便に振り替えてもらうことに。

さかもと
次の日に賭けて、成田に一泊することに。
どうせならとトーマスブームの息子との時間つぶしにトーマス見に埼玉に遊びにいきました

トーマス、親の方が楽しんで、息子は泣きながらヒロに乗って回ってました。

さかもと
撮った動画は食い入るように見てたのに…

そこそこ楽しんで、ドキドキしながら向かったANAのカウンターではまた不穏なホワイトボードが…。

悩んでもしゃーないので、パフェを食べながら待ちました。

16:50、無事新潟まで飛ぶことになったので、踊りながら喜ぶも…

「ただ、着陸できなかった場合、成田に戻ってくるという制約付きで出ます!」

と恐ろしいことを言われます。

ドキドキしながら乗った飛行機は真っ白な新潟に降り立ち、着地した瞬間、搭乗者から拍手が…笑

飛行機を1番に降りるとタクシー乗り場まで走り、佐渡汽船最終に間に合うように急ぎます。

2日出てない船はいっぱいで、みんな自由スペースで、トドの群れの様に寝ていて、自分らのスペースがありませんでした。

椅子席では確実に酔うので、親子優先スペースを見つけ、親子三人トドモードで渡航に臨みます。

佐渡汽船が、「今日の時化はヤバいけど、うちらは百戦錬磨の船長がいるから大丈夫っす!」というような士気高めのアナウンスを聞きながら目を閉じました。

酔い止めは、海で酔いまくった海保の旦那おすすめのこれ。

揺れました。

テーマパークのアトラクションのような浮遊感…

酔い止めのおかげか、酔いませんでした!

さかもと
飛行機着陸前の揺れで吐いた私が…
超荒れで船酔いしなかった…
今度から絶対毎回飲む!

そして到着。

後半記憶がありませんが、義両親が迎えに来てくれて無事帰宅できました。

さかもと
まじで義両親神!
ホワイトアウトの夜道怖すぎ…
スポンサーリンク

雪の佐渡

帰宅してから、風呂の水が出ません。

さかもと
あ、ずっとあけっぱにしてたら出た!!!(26日夕方)

ドラックストアのパンコーナーがガラガラで、

一部米棚になり、自動ドアが故障していました。

本も新聞も船が動かないと入ってきません。

葛根湯を飲みながら、溜まった仕事と戦っています。

雪、すげえええ。

でも何とか帰宅できてよかったです…

島、遠い笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください