【本】どの日本の神さまに、会いに行っちゃう?笑「神さまカタログ」戸部民夫(監修)いとうみつる(絵)

転勤が多いので、引っ越したらとりあえず近所の神さま=神社に挨拶に行く坂本です。

広告代理店の営業時代、神社に営業かけて、
「人生すごろく表」なるものを広告で0から作ったこともあり、

それから人生の節目に気づくような儀式がある神社を意識するようになりました。

息子が産まれてからは、地元の高知でお宮参りに神社に挨拶に行ったし、   
里帰り出産から石川に帰ってきてしばらくはこっちで生きていくし、   
次はどこに挨拶行こうかな~と思うタイミングで出会いました、この本!笑!

スポンサーリンク

【色も味もそれぞれ違って超かわいい!まるでポイフル!!!】

あらすじ
今のあなたにピッタリな神さまがきっと見つかる。
女子力アップ、恋愛・結婚、自分磨き、素敵な暮らし、困ったとき…
どの神さまにお願いしようかな?

感想:★★★★★

…難しいの、苦手なんです。

わかりやすいの、大歓迎!
ジャンルごとに分かれていて見やすい!

実は知らない日本の神さまが超かわいい絵で紹介されています。
   
とにかくかわいい!!!そしてわかりやすい…!   

知りたい、学びたいの入口、大事よ!笑

小難しくなくわかりやすくて、

「いいな~この神さま会いに行きたいな~」と思ってきます。

神さま紹介の右下に、「ここに行けば会える!」っていう項目があったので、
さっそく石川で探すと2人の神様が出てきました。

仲直りの神さま

知識の神さま!!

んー!旦那とケンカしたら、ククリヒメノカミんところいこう♪

今回は息子と参るので…

息子の将来のこともお願いしに知識の神さま、

クエビコノミコトのところへ行くことにしました!

中能登の「久氐比古神社」に実際、行ってみた!!!

自宅から30分くらいでありました、神社。

町人に駐車場を聞くと近くのやたらオシャレな小学校に停められるとのことで停めて数十歩先の神社へ。

どんな神社かな~ワクワク…

え?マジで?!

おったー!!!

案山子!かかし!カカシ!

かかしの神様の神社、マジでかかしがおるがや…

ゆるい坂を登ると鳥居が見えます。

ん?

あれ????

更に、

かかしがー!

おるーーーーー!!2体もおるー!!!

説明がありましたが、本に書いているのとほとんど同じような内容です。

普通読まんような神社の習わしとか内容、

こんなポップな絵と重くない説明なら意外とするっと入るもんなんや…

そんなわけで、息子と参ってきました。

サンルーフっぽいもので囲われ、厳重に戸もしまってあり、
神主さんには会えませんでしたが、階段にお金をおいて、
お祈りをしてきました。

わたしの神さまは、どんな神さまながやろう

  
今回神社に行ってみて、
自分が毎年初詣に行っていた神社の神さまがナニモノなのか気になりました。

きっと、ここの近くの小学校の子どもたちは、
    神社にかかしがおるのが普通の光景ながやろうし、

このかかしの神さま、クエビコノミコトのことを大人から聞いて、
それが生活の一部である人生を過ごしゆうがやな。

その場所から動かず、世界を見ていて物知りなクエビコノミコトにあやかって、

今四肢をばたつかせて全然動けない息子もこれから色んな世界を見て、
知識をたくさん得ていってほしいなー!!!

神社に行ってみるの意外とたのしいので、
こんなキャラ化した神さまに会いに行ったって記録が残せるアプリとかあったら流行りそうやな~

てか、わたしなら色々な神さまに会いに行ってしまいそう笑

高知にも気になる神さまおるき、今度もんたら行こうっと♪
勉強にもなるし、実はご近所の神さまのことも知れるかも!

おすすめです!!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから



お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)
18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。

友だち追加

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。



The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください