【漫画】「そうはならない」と思って生きてきたのに…柔らかい絵で狂おしい親子の血に迷い込む漫画「おやこっこ」

スポンサーリンク

「お父さんだけでよかった」「俺みたいになるなよ」…「どうして?」真っ直ぐ向き合っていた親子が目線をそらしてきるようになった。再会してはみたものの…

みんな自分に忙しい、みんな自己中家族の一員、坂本です。

今旅館で働いてるんで、「あたしがおるうちに泊まりにきてや!」と電話したら、

「ごめん、お母さんもお父さんも、自分のことで忙しいきいけんわ!」と一瞬の迷いもなく言われました笑

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そんな親を持った私が今日紹介するのはコチラ⇓

親子、かぁと思って手に取ったら、意外と中身シリアスそう…

これは読まねば…


ある時、急な知らせを受けて帰省する事になった孝志。

それは長い間、音信不通だった父に関する事だった。

うまくいかなかった親子関係。もう父の事で煩わしい思いはしたくない。

孝志はそんな思いを胸に、妻・亜紀とふるさとの地を踏む。

久しぶりの父との邂逅に、孝志が思う事、それは——。

上下巻で完結してて読みやすいです。

時間ないけど、しっかりした漫画読みたいとき、こういうの助かる。

親子って、めっちゃ生臭いじゃないですか。

違う個体やのに、血とかDNAとか、繋がった、共通するものもはいっちゅうっていう。

嫌悪するところも、

気づいたらマネしちゅうところも、

好きな所も、

無意識にパートナーに選ぶ人とか、

言いゆうことまで結構影響されちゅう。

そして大人になったら、「自分はこうしてあげたい」「親がやってくれたみたいにしたい」とか思って来たり。

私の家は、一時期、「ああ、この町で一番不幸な家うちやな」とか思うたこともあったし、

(弟が中学中退って反則したりしてたんで)

未だに兄弟3人で夜のドライブ行ったりするくらい仲良かったり、

なんやかんや仲の良い家族ではあるけど、

それがお金の事とか、犯罪とかに紙一重で巻き込まれたり、誰かが死んだりしたらがらっと人生かわっちょったと思う。

関わるのも家族やし、逃げるのも家族。


大人になってからは個々で生き方を選べるし、枝分かれしたり、切ることもできるけど、

見えんなんかで綱がっちゅうみたいな不思議な感覚は、離れても、どんなに逃げても大抵ついてくるものな気がする。

その思考からすら逃げることもできるとは思うけど。

私自身、後悔とか、「こうしてもらってきたな」っていう気持ちはあるし、どっかで、小さい感謝を積み重ねて返さないかんと思いゆう。

次の世代に返すこともそうやし、親が生を全うするまでの時間の中でもそれはできるはず。

そんなことを改めて思える漫画でした。

家族のことでなんかしこりがある人、最近上手くいってない人、ずっと会ってない人におススメです!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です