【恋愛】遠距離恋愛を続ける&成就させるためにはどうすればいいの?

スポンサーリンク

対談企画vol.6

愛情!友情!俺かみじょー!&絶賛脱藩中、坂本の恋愛切り込み対談!
sakamijo
遠距離恋愛ってどうなん?!アラサー男女がホンネでぶっちゃける!

お久しぶりの恋愛対談。

今回は、遠距離恋愛がテーマです!
ぶっちゃけると私、社会人なってからもっぱら遠恋ばかりしていました。
東京、京都、名古屋…
遠恋って、自分の時間は割と自由やし、恋モードになったら相手おるし…で色々楽しみたい私にはぴったりだったんです。
がしかし、破局も多々…
そんなわけで、今日は遠恋についてほっていきます!
じゃぁ先攻かみじょーパイセンから!

①信じる?!信じられない?!遠距離恋愛を続けるコツ

kamijo

■遠距離恋愛中、女性に妬かれてうれしいヤキモチのボーダーラインは?

ということで、早いもので、さかもとさんとの対談も、
今回で第6回目。
今年度中には10回いっちゃいそうだね。

有難い事っす。
こういうご縁は大切にして、
そして継続していきたいなぁってものすごく思います。

さて、お題が、
遠距離恋愛中、女性に妬かれてうれしいヤキモチのボーダーラインは?

ってことですが、
そのまえに折角なんで、
さかもとさんのいいところをご紹介していきましょう。
題して、
さかもとさんはこんな良い人。
かみじょーは、ものすごく人を見ます。
色々な人がいるこの世の中、
更に時間は有限。
全ての出会いを享受したいけど、
全ての出会いに全力をあげているには、人生は短すぎる。

であれば、
その人と仕事したいなって思える人と仕事がしてみたい。

僕はそういう風に思います。
さて、さかもとさん。

彼女は、僕は知る上でも
そうとう凄いなぁって思える人です。

・けっしておごらない
まず、一つ目。
さかもとさんの普段の発言ていうのは、
けっして自分すげー!!!!!ってのが一つもない。
ものすごく謙虚。
自省をし、悩み、
それでも進んでる人っていうイメージを僕は持っています。

そんなところが胸にグッとくるんですよね。
・けっして飾らない。
更にさかもとさんはものすごく等身大なヒトだなぁて思う。
たまに披露される、アングラなご趣味も、弱音も
一人の人間が、そこにいるんだぁって感じさせてくれます。

そこが好き。
・女性として魅力的だ
そして、何より、女性的にものすごく魅力的。
うん、これは彼女のブログ「坂本脱藩中」
もきっと多くの女性ファンがいるんだろうな。
って思います。

そんなさかもとさんと対談形式でこうしてかかわらせていただくこ
と、非常いうれしいよね!
さて、本題です。
遠距離恋愛中、女性に妬かれてうれしいヤキモチのボーダーラインは?

うん、遠距離が今回のテーマとなっていますが、
僕も以前遠距離恋愛した経験があります。

うん、やきもちっていうのも、境界線があるんだよな!
って思います。

とかく、僕はいて座なので、何かに縛られることを好みません。

NGライン
・メールやlineの催促をされる。
・鬼電がかかってくる。
・色々疑われる。

そこらへんは勘弁してください。と思ってしまうのですが、
男性も色々いますが、
元来僕はタスク分けして、
器用に複数の女性と遊ぶことができるような器用な人間ではありま
せん。

そして、一日の熱量が100だとしたら、

その大部分を交際っていうカテゴリがあるなら、
愛する人にささげたい。

もしも、
・遠距離恋愛の相手
・浮気相手

っていたら、
その熱量を50:50とかに分散しなきゃいけない。
それってパフォーマンスが下がるし、

もてなすならば、最大限にもてなしたい。

付き合うなら、最大限の付き合いをしたい。

という信条に反することになってしまいます。

なので、
信じて何も詮索も拘束もしないでください。
って言いたいところもあるけど、
そこはね、
お互い、ただの人間だから不安になることもあるだろうし、
単純にさみしくなることもあるでしょう。
しかし、さみしさっていうのは、他の誰かじゃ埋められないって思うよ。

もっと究極を言ってしまえば、
自分のさみしさや孤独は自分でしか埋めることはできない。

定期連絡みたいなやり取りを必要ないとは思いませんが、
でもね、
お互いがそれを義務のように感じちゃ、感じさせちゃいけない。
男性と、遠距離でうまくいきたいならば、

相手が自発的にアクション起こしたくなるように持ってくのが吉で
すね。
ということで、
多分、遠距離って
物理的な距離だけじゃなくて、
心と心の距離感でもあると思うんですが、

当然ながら、
付き合いが浅いのに圧倒的な信頼関係なんてそもそも結べないっつ
ーの!!!!

信頼関係は時間をかけてじっくり結ぶ。
そこまでに足る人物であることをちゃんと行動で示さなきゃいけな
いよね!って思います。

■さかもとさんへQUESTION!!!!

かみじょーには、どんな女性があいますか?
ご意見カモーン!!!!!!

坂本

かみじょーさんから新しパス来た!

坂本プロファイリング!笑

…ズバリ…

仕事が好きで、一人旅もできちゃう、見た目がリスやウサギさんみたいな、弱そうなのに芯が強そうな女性!

自分がアウトプットするための手段をもっていて、現在も続けている。
かみじょーさんとは理解し合えるが、だだかぶりしない趣味のひとがいいのかも。
本はあまり読まないが、鈴木いづみのSFとか、白黒の写真集が本棚にある。みたいな。

旅は海外じゃなくて国内メイン。

ゲストハウスなんかに一人で泊まれる。群れるのが苦手。
好きなことにまっすぐで、伝えるのはすこし不器用。
LINEも直ぐに既読にならない笑顔が素敵で仕事が大好きなサービス業の女性。

…どうかなぁ、どうかなぁ(OvO)!笑

かみじょーさん、どうでしょうか!

そんなワケで、私のお題いってみまー!

遠距離恋愛中、どういう行動が女性を安心させるのか?

安心。

これはね、べったべたですが、

マメな連絡、しつこくない程度の電話、そして月1~2回の逢瀬。

ですね。

コレが基本。

ちなみに毎日の連絡に感謝と、好きだという気持ちをちょいちょい織り交ぜて伝えると尚ベターです。

私の過去の経験からいうと、プレゼントや欲しいものを送ってくれるというのもすっごくうれしい。

私のことを考えてくれていたことがわかるし、「わかっちゅうやん!」と思うし、友達にも遠距離やけど愛されちゅうってのろけられらるし安心してもらえる。

後は、会った時に最大限に楽しむ、愛す!

まず、交通費、食費、ホテル代、プレゼント、ケチらない!
記念日のプレゼントもケチらない!

毎週会ったり、近くにいる方がお金いるよ~車だしたり、外食したり。

そして、もし彼女がとおくから来てくれたら来てくれたらおごってあげて!

時間とお金をかけてわざわざ自分にあいにきてくれてまーす!

逆に彼女の方に行くときには、手作り料理などリクエストしてみよう! 

うまくいかなくても、笑顔で食べてあげて!※限度はあり

外出ばかりでなく、せっかく二人なのでお家でゆっくりでもいいです。

というか、社会人ならそういうのの方が多いかも。

私は10時くらいに仕事が終わる仕事大好き女だったので、彼を3時間駅で待たせたりして、外食でささっとすましたり…でした。

今思うとヒドイなぁ…

後は、見えない部分を減らしてあげる!

仕事の愚痴はNGだけど、休日遊んでいる友人の話をしたり、飲み会の話(女性の有無)や写真、仕事の大まかなスケジュール、休日の共有をしてあげるとベター。

男性:いちいち言うのがめんどい=女性:なにか隠さなければいけない理由がある

と解釈されがちです。

こじれてよけめんどうになるのです。

因みに私は遠距離でもほとんど自分から連絡をしないタイプだったので、電波が届く範囲ではマメに連絡をくれた今の旦那に感謝しています。 


信用になるし、今思うとずっと歩み寄ってくれていたんだなと思います。

②遠距離恋愛から結婚するにはどうしたらいいの?

kamijo

遠距離恋愛中の彼女に「一緒に住む?」といいたくなるのはどんな時?

一緒に住む?かぁ

それはもうね、一つ。
覚悟を決めた時でしょう。

男性にとって女性と付き合うっていうのは、
これも大小ありそうですが、

僕にとっては、
それは
人生を賭ける一大事業と同等。

カンタンな気持ちで一緒に暮らす?
なんて思いません。

つまりは、男性が一緒に暮らそう。っていうのは、
それなりの責任を負い、
また一緒に歩む未来をちゃんと決意したからだと思います。
※実際に数か月、我が家に女性が居候していましたが、
超大変でしたw
しかも、お互い遠距離っていうことでしょ?

それってどちらかのベースとなっている生活を一回ぶっ壊してくる
っていうことだから、
それは中途半端な気持ちからは発するべき言葉じゃないですよね。
※ただし落とし穴あり!!!

落とし穴があるとしたら、それは今までと会う(一緒にいる時間)
のペースが異なります。

一人でいるなら、休日ずっと寝てても、
アプリしててもブログ書いてても誰も文句言いませんが、

同居やら同棲するっていうことは、
そのリズムが一人称から二人称へ変動していくっていうことです。
そうなれば、自ずと自分(自分たちの)
生活リズムが変わってしまうので、
遠距離→同棲するならば、
まずは、
お試しで一か月どちらかの住居で一緒に暮らしてみたらいいです。
恋愛は、完璧なものを求めるものでも、
自分を補完してくれる相手を得るものでもありません。

私とあなたが→私たちっていうチームになって
そして一緒に育て築き、興味を持ち、愛し、尊敬しあい、信頼しあうことです。
最初からパーフェクトな恋愛も同棲もあるわけがない。

途中で別れるカップルに言いたいのは、

別れた理由は、

あなたたち(THEY)
がその絆をパートナーシップを育て上げられなかったことに敗因が
ある。

それだけです。
結婚にしても、然り。
一個の人間が二人で力を合わせて、同じ目標のために、ミッションを遂行していく。
まさにそんなところです。

我慢も必要でしょうし、
そもそも別の人間なんだから、
パーフェクトを求めちゃいけません。

100%しっくりくることなんか永遠にきません。

でも、二人で成長しあって99%を狙っていったらいい。

そう考えると、夜の営みが大切っていうよりも、
僕からしたら、一緒に食べる食事の時間のクオリティの方がよっぽど大切。

同じ時間を共有し、あいてがよくわかるのは、
寝てる時じゃなくて、
実際に食事を共有する時だと思います。
※食事をしていて合わないと思う異性とは、夜の方も合いません!
でも、そういう不完全な二人だからこそ、おもしろい!
人生は完結してないから面白い。

恋愛は、パーフェクトじゃないから、面白い。そして愛おしい。
ということでかみじょーでした。

■さかもとさんへのQUESTION

食事と相性について感じていることあれば教えてください。

またしてもスルーパス!笑

いやでも丁度かみじょーさんのおもうところに超共感してたので丁度良かった。

一個の人間が二人で力を合わせて、同じ目標のために、ミッションを遂行していく。

私、ここめちゃめちゃ共感しました。

結婚て、ぶっちゃけ業会が作ったキラキライメージが先行しがちですが、

生活する資本を稼ぐ(旦那or二人で)、生活の基盤を作る、痛い思いして出産して、自分の人生を旦那にささげた上に子供にも自分や自分時間が分散して…

キラキラ結婚式だけ夢見ている自分大好き人間だと、そりゃ「思ってたのと違う」になると思います。
自分の人生を分けて生きていくんですもん。



結婚とは、同じ船に乗って、降りたくてもなかなかおりられない海の上を航海していく旅の船出だと思う。

解決は自分たちの船の上でしかないし、それが無理なら、次の港で降りるしかない。

生活していく中では、晴れの日も、嵐の日もあるでしょう。

でも一緒の船で生きていくと決めて出港したので、耐えることももちろんある。

むしろ耐えることの方が多いかも。そういうもんだと思います。

あ、いただいたクエスチョン

食事と相性について感じていることあれば教えてください。

ですが、ここも凄く共感しました。

夜の営みが大切っていうよりも、

僕からしたら、一緒に食べる食事の時間のクオリティの方がよっぽど大切。


思い返すと…

●セックスだけ上手い男性⇒セフレ

●セックスは下手だけど食事をたまに作ってれる男性⇒彼氏

うん、夜の営みは大事だけど、そこってワンプレー完結みたいなところがあるからね。

解ることと言えば、今までの経験値、性癖、早いか遅いか、自分勝手か、毛の濃さ、思いやりがあるかくらい。

一方食事をともにすることで解ることは、めちゃめちゃあります。

家の環境(外食が多いか、家で食べることが多いか)、マナー、好き嫌い(とその理由)、お酒が入ってからの性格の変動など。 


基本的に別々の土地で、家で、育った他人同士が解り合うならセックスよりも食事の方がお互い解り合える。

そして食事は毎日3回。

朝夕だけでも、一日2回、大体の家庭が多分、セックスより多いですよね。

だから、食事して、楽しくなかったら合わなかったら、いい人でももう会いませんよね。
会話にばかり注意がいきがちですが、食事って思ったより自分と合う、合わないがはっきり出ます。
相性、ありありです。
ではそんなところで本題!
遠距離恋愛で、そろそろ結婚を考えて欲しい彼とすべき話とは?


ズバリ、

結婚願望、子供欲しい願望、そしてそれがいつまでか。


こういうと

「そんなことズバズバ聞けないっ!なんか追い詰めてるみたいだし」って

過去の私も言ってました。

こんなもんね、たとえ同棲してても、2,3年平気ですぎるんですよ。

で、「あれ?周り結婚して子供とかできゆけど自分て大丈夫?」

みたいに思ってくる。

でも更に「プレッシャーかけたくない。そういうこと、時分から言いたくない…」もんもんと1年位過ごして、

かみ合わなくなってきて、「おい!ここでリリースかーい!((((;゚Д゚)))))))」みたいになりがちですよね。

遠距離なんて、ただでさえ離れていて不安定なわけなので、そういう話ができない相手とは早めにお別れすべきかもしれない。 


お互い、軽い感じでいいとか、お互い距離がある方がちょうどいいと思っているうちは多分上手く行きますが結婚を意識してズレが合ったらさーっと終わってしまうのも遠距離恋愛。 

日々の中で

●相手が結婚式に行く、自分が結婚式に行く⇒「結婚式誰呼びたい?」

●近しい人の出産⇒「子供生まれたら習わせたいことある?」

●犬猫番組⇒「ペット飼いたい派?」

●家具やにて⇒「将来こういうソファー欲しいな~」

結構将来のことについてからめる会話チャンスってあります。

でもこういう話を会ってじゃないLINEや電話でするのって怖いですよね。

私もできないかも。

なかなか直接言えない人も会った時に少しずつしてみましょう。

いきなりゼクシィ置いておくよりいいですよ、絶対。

そういう会話が自然とできるようになってきたら、

「友達の結婚式、準備に●●くらいかかって、超大変やったらしいよ~」

とか

「ご飯ただで食べれるし、フェアいこう!」って金額や準備期間が具体的に解るような会話や持ち込み方をしてみてください。

まあ、なんていうか「自然に結婚」なんてほとんどないですよー。

焦るタイミングも男女で違うし。

もじもじしていても、歳は重ねるので、

どこかのタイミングで、チェックメイト!終わりかスタートか!みたいな感じになる。

私は仕事で躓いて、「もう実家に帰るかしかない、こっちに家がなくなる:-;!」

と泣きついて「一緒にすむか」と言ってもらえて北陸におることになりました。

うん、色々言ってきたけど、小細工って小細工でしかないのかもしれんな。 


遠距離は特に、なかなか会えない時間を気まずくしたくないのも解るけど、大事な話を避けていてはだめですね。 
大事な人ほどしなきゃいけない話を自分してください。

そんなワケで6回目も語ったーあー、面白かった!

うっかり最近結婚してしまいましたが、恋話はパワーアップしていきたいので、またよろしくお願いします!

ではまた次回!

クラブツーリズム テーマ旅行

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です