クールメンヘラ?笑 冷静ぶりながらぶっ壊れている女を書かせたら日本一“軽薄”金原ひとみ

スポンサーリンク
話していて、イラッとするギャル友達。

大体出てくる女がそんなのばっかりな小説を書く作家さんは、金原ひとみです。

蛇にピアスや、アッシュベイビーで好きなようにぐちゃぐちゃにした後は、

醒めた感じで、どこに行っても大抵満たされない”メンヘラ”女の歳を重ねたバージョンを書いてます。

今回はコレ。

★★★★


あらすじ

十代の終わりに、ストーカーと化した元恋人に刺された過去を持つカナ。29歳のいま、裕福な年上の夫と幼い息子、仕事での充足も手にし、満たされた日々を送っていた。そこに、アメリカから姉一家が帰国。未成年の甥から、烈しい思いを寄せられる。危うさを秘めた甥との破滅的な関係は、彼らと、彼らを取り巻く人々をどこに運ぶのか。―空虚への抗いと、その果てにある一筋の希望を描く渾身の長篇小説。

★4つなのは「んもー!」と愚痴りたくなるような読後感だからですね。

おもしろくないか、おもしろいかでいうなら面白い。

胸糞悪おもしろい。

ゆうなら、週刊誌とキラキラ雑誌を読むような気分の読後感。

「まじであいつなんにも変ってない」「話聞いた私がバカやったわ」

「絶対に幸せにならんで」「ていうか、そういうの好きでね…」

みたいな感じの感想が出てくる。

要するに、リア充で、他人に自慢できるステータスの中におりながら永遠、

「違う」「満たされん」「幸せやけど幸せじゃない」「病んだ」「死にたい」

という気持ちを持ちながら、たまに実際口にだしながら生きゆうような女友達って実際おるきね。

本当に、そういう人種の人は「あの時死んでもよかった、死ぬべきやった」とか、

まるでラブソングの歌詞とか漫画みたいなセリフを言うし、

色々あって、幸せでも、矢印が自分に向いてないとすぐ「満たされん」状態になるき

みよってすごい危うい。

冷めちゅうけど、どっか焚き付けてほしいとおもうちゅう。

本書の主人公も、破滅的な恋でのトラウマ後、留学をきっかけに「誰もがうらやむような幸せ」を手に入れたけど、その幸せは”ほんとうに”彼女を満たしてくれちゅうかって言うと、そうじゃない。

〇アパレル関係で稼ぐ旦那

〇かわいい息子

〇フリーのスタイリストという仕事という自分が認められる場所

〇食事はケータリング

〇家の事をやってくれるお手伝いさん兼ホームシッター

〇仕事で付き合いのある芸能関係の友人

〇30になっても魅力的な容姿

ありったけの現代でいうキラキラした幸せを持ちながら、

10下の甥っ子に誘惑されてその関係に溺れていく女の空っぽさよ…。

私幸せよって言ゆうくせに、ちっともしあわせじゃない。

これじゃない、ここじゃない感。

読みながら思ったのは、

世間でいう幸せの姿が必ずしも幸せじゃない…

というか、↑をもってしても決して彼女が幸せそうじゃないということ。

満たされた自尊心は、どれかが欠ければそれを補うのに必死になるやろうし、

それらを余裕な顔をしながら持ち続けることを美徳としている都会の美女たちを

改めてすごいなと思う。

しかも、そんなにがんばって幸せじゃないとか、

もっと求めるとか、しんどいやん。

私は一生そういう生き方ができんと思う。

たまに出てくる息子は、「すごく大事」とか言う割に、

浮気時間が伸びても罪悪感もほとんど持たずに、楽しみゆうし、クソやなぁと思う。

うーん、一緒におれんてだけなら、仕事も一緒なのかな…

夫婦で見に行った息子のサッカーの試合では、

息子がゴールを決めた瞬間、旦那は浮気相手と電話で、

嫁はタバコで一服とか胸糞悪過ぎてすごい。

ホントにこういう家族おりそうで怖い。

オチは更に胸糞悪い舵のとり方してヤバかった。

キレイな女なら何してもいいって、

30過ぎて子供おっても思える人て実際いっぱいおるがかなぁ…。

酷評の様ですが感想が次々出てくるという意味では読後感がすごく残る良作です。

胸糞悪くても、残る小説の方が勝ちがある。

毒か薬か、ただのビタミンドリンクか。

これは体に悪そうにいい感じに毒でした。

10代、20代の頃はこのヒリヒリした世界に行きたい、はやくこんな気持ちになりたいと思いながら読んだぶっ飛んだ小説たちも、

今30代を目の前にしたら、

ああ、一回横切って、離れてよかったって思う。

沢山の本と友達になって、色々教えてもらえてよかったなーと、最近の読書を通して思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です