【坂本、旅館で働く27】従業員を“家族”と言ってくれる会長がしてくれる誕生祝が嬉しい

幸せな気候贅沢すぎる夕陽を浴びながら今日も旅館で働いている坂本です。

今年は新幹線ブームも少し落ち着いて、「また来たい宿かどうか」が試される一年となります。

一人ひとりに寛いでもらえる特別な宿になる様がんばらないと!!

うちはそんなに多くないですが、石川、富山は特にインバウンドも伸びてきている印象。

変わらないようで結構めまぐるしく変化していくこの業界は働いていても次々課題が出てくるのでおもしろいです。

そんな中、先日嬉しい日がありました。

スポンサーリンク

うちの旅館は、「おたおめ」がある

そう、「お誕生日おめでとう会」。

その月生まれのメンバー&会長でケーキとお茶をいただき、プレゼントをいただける素敵な会。

今月誕生月だったので先日行ってまいりました。

二年目なので、二回目。

ケーキは地元のケーキ屋さんから人数分種類の違うものを並べ、

番号を決め、5月生まれメンバーで、「せーの」で食べたいものを主張し、

かぶったらかぶった人どおしでもう一度それをするという、

心理戦になってきます。

普段バリバリ働いている他部署の人のケーキの好みや、

いつもと違う表情を見ることができる和やかな場。

なにより、

大人になって誕生日を職場で平等に祝ってもらえるというのはすごくいいなと思っています。


今までも職場でお祝いしてもらうことは多かったですが、

メンバーによってムラがあるというか…

人気ものとの差が気を使うくらい出ることもあってなんかそわそわしてました。

しかも、ものだけもらうんじゃなく、「誕生会」を会社でしてくれる…

忙しい業務の中、ほっと飲み物とケーキで誕生日をおいわいしてくれる。

30歳になって、ほしいものや、してほしい欲求は急激になくなりましたが、

これはうれしい。

プレゼントはカタログで、家に帰って今年は何にしようかなぁと考えるのも楽しい。

大人の誕生会は楽しい。

よく社員を家族という会社がありますが、

うちは入ってみてほんと、家族だなぁ…と感じることがあり、嬉しいです。

おもてなしや、人が喜ぶことをしようという気持ちを育てる

仕事は仕事ですが、毎日密にかかわる人たちだからこそ、

思いやりや、大事にする気持ちが大切。

してもらって嬉しかったことは返す。

いかにさりげなく、想いや気持ちを相手に渡せるか。

そういうことまで学んでいる気がします。

営業時代は人の心にひっかかりながら、

最短距離で相手の心の中に入れるように考えて働いていましたが、

今はやってくるお客様の心に、

宿で過ごすワンシーンがどれだけ心に残るか、

そのアシストがどうさりげなくできるか考えながら働く日々です。

うーん、嬉しいをどう還元していくか。

どうまわしていくか。

旅館勤務は相変わらず奥が深くておもしろい!

長く勤めたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です