【結婚観】「我慢する位なら無理に結婚しない」と言うアラサーへ。結婚生活なんて、幸せも不満ももれなく思っていたのと違う

幸せな結婚でも、我慢や辛いことはある!
普段、どちらかがやるといいだす皿洗い。
お互い疲れて帰って来た日、ただよう空気で
「今日はやってくれたら嬉しいな」
オーラをお互い出していると感じる時。
あります。
共働いているので、日々、こうゆう小さな攻防が繰り広げられています。
「嫌な思いする位なら無理に結婚しない」と良くきくけど、所詮理想は理想、現実は現実。

洗濯物はたまるし、お腹は減るし、お金はすぐなくなる。
アラサー来たら、王子に会う率なんて10000分の1位やし、
普通スペックの男が引っかかるのも半年に一度程度。
年々勝率は下がっていく。
で、
結婚なんていう一大イベントを見据えながら、妊娠、出産という命がけガチャへのカウントダウンも意識しなければいけない。
私の周りの高スペック美人は口を揃えて、
「仕事が忙しいし、時間ないし、出会いがないし、ろくなのがおらん。
今のキープ悩むけど、決め手に欠けるし、妥協してまでせんでいいかな」
といいます。
確かにそうやけど、結婚なんて、幸せでも不幸せでも、
「こんなもんか!」
やと思うき、
生理的に無理でなくて、優しくて、借金なくて、自分を好きになってくれる人
をそうゆう目で見ていくことをお勧めします。
今ある周りからいわれる結婚に関してのゆるいストレスや、漠然とした不安、寂しさから開放されます。
吉にするか凶にするかは、自分次第。
不満30を、楽しいや幸せ60で消すと幸せ
結婚生活してみて、おもうのは、
他人ですもの!不満は絶対出る!
しかも、他人同士なんて、我慢ないと共同生活無理!
です。
まぁ、アラサーになると、他人と折り合いつけたり、諦めたり、認めたりと出来る余裕も身につけているので、
気の合う同僚レベルなら結婚にむしろ向いてます。
話し合いができるならなお良し。
理想は具体的か?実家家族はどうだったのか
冒頭の皿洗いは、
「よし、今日はお互いつかれちゅうき、明日私休みやき、朝やってもいいかな?」
で、保留同盟を結び、風呂上がりに私のHPが回復してきたのでさっとやりました。
旦那は「ありがとう」を言ってくれるので、くそーともなんともおもいません。
うちの実家なら、母が疲れちゅう時ならお酒のみながら、
「みき、皿洗いお願い!米も三合!」
ってなもんです。
普段はやってくれるし。
実家が理想の家族だったかといえば、土台は私の場合、そうだなとおもいます。
三人兄弟で、好きな進学先に奨学金なしでいかせてくれて、
適度に甘やかしながら、放し飼いしてくれゆう。
夫婦関係はどうか。
それは全く違うサンプル同士なのであてになりません。
参考くらいにはなるかなぁ。
私も、まだ新しい家族という団体をつくりだしたところなので、
良いとこだけマネしながら家族を作っていけたらいいなぁと思います。
結婚て、始まりなだけ。
結果は家族で微調整していけばいい。
なるようにしていきます!
スポンサーリンク

お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です